【なぜ物販をやるのにAmazonなのか?】SHUNがAmazonを選んだ5つの理由

こんにちは、SHUNです。

いつも「中国輸入×Amazon物販」と言っていますが、
なぜ楽天、Yahoo!、自社サイトではなく
ひたすらAmazonでの販売をオススメしているのか、
そこについてお伝えしたいと思います。

そもそも私はとても心配性ですので、
どなたでもそうかもしれませんが、
お金に対する不安は人一倍ありました。

「自分が病気や事故にあっても自動で動かせるビジネスをしたい」
とずっと思っていたのが大きな原因です。

まずは会社員をしながら、ある程度の収入を得つつ、
もし会社をクビになったり、病気で働けなくなったときのために、
あと一つの収入源を作っておきたいと考えました。
元々からネット物販会社に勤務していたので、
そのノウハウを元に自分でも商品展開をしてみようと思いました。

そこで、あることに気づきました。
「一人でネットショップ運営って無理じゃない?」と。。

・商材リサーチ/企画
・出品
・集客/プロモーション
・受注
・梱包/発送
・購入者のアフターフォロー
・問い合わせetc

すでにネット物販を本業としていたので、
自分で集客したり、ページ作ったり、発送したりと、
その大変さが身に沁みるほど分かっていました。
そもそも体が不自由になった時のための収入源なのに、
そんな状況になったらそもそも収入源にならなくなってしまいます。

でも、よく考えてみるとこれらの作業タスクの中には、
自分でやらなくてもいいものもたくさんあるわけです。
一度商品企画し、商品ページを自分で作ってしまえば、
あとはマニュアルに沿って誰かに一任することができます。

それがAmazonというプラットフォームなのです。

1. 出品が簡単

他のモールや自分でサイトを立ち上げるとなると、
テンプレートだったりHTMLの知識が必要だったりと、
出品までに意外と時間がかかるものです。

一方、Amazonはすでにパターンが決まっているので、
そこに当てはめていくだけなのでとてもシンプル、
必要な画像や商品説明を準備するだけなので、
初心者の方でも安心です。

2. 莫大な集客力

実は一番苦労するのが、この部分ですよね。
いい商品なのに全く売れない。。
特に自社サイトで販売するとなかなか難しいところです。
リスティング広告をかけたりと、
経費も大きくかかってきます。

その点、Amazonはすでに集客力があります。
今や、アマゾンの集客力(アクセス数)は
億単位で楽天やYahoo!を大きく抜いています。

SEO対策はある程度必要ですが、
手法もある程度決まっているので初心者の方でも問題ありません。

3. 梱包・発送処理からの解放

ネットショップ運営者からすると、
正直、一番時間がかかるけれど一切利益を生みません。
そこで、Amazonにはフルフィルメント by Amazon(FBA)というサービスがあり
Amazonの倉庫に在庫を送ってしまえば、
受注・梱包・発送まで全てを任せることができます。
仮に一日50人の購入者に一人で発送処理をしていたら、
配送伝票を作って梱包するだけで、一日終わってしまいます。

4. 任せっきりのカスタマーサポート

購入者からの問い合わせもAmazonがやってくれます。
稀に商品に関しての問い合わせがショップ宛てに直接来ますが、
商品数にもよりますが、月数回という印象です。

また、理由はなんにせよ、返品したいという購入者も中にはいます。
FBAを利用した受注であれば、
返品の受付から、返品商品の受け取り、返金処理なども全て
Amazonが対応してくれます。

5. 入金サイクルが短い

Amazonでの販売による入金サイクルは2週間です。
回収した資金を次の仕入れにすぐに回せるので、
小資金でも無理なく回転させることが可能です。

まとめ

「従業員をたくさん構えて大きくしたい!」という目標がなく、
コンパクトながら最大の豊かさを目指していた私にとっては、
Amazonというプラットフォームがとても理にかなっていたのです。

プラットフォームの集客力や外注などを利用しながら、
最大限にレバレッジを効かせてネット物販を安定させたいのであれば、
絶対にAmazonでの物販をオススメします。

SHUNがAmazonを強くオススメする5つの理由
1. 出品が簡単
2. 莫大な集客力
3. 梱包・発送処理からの解放
4. 任せっきりのカスタマーサポート
5. 入金サイクルが短い