【販売開始直後のキャッシュフロー】資金回収プランの立て方

こんにちは、SHUNです。

「これから中国輸入ビジネスを始めます!」という方には、
「実際のところどのくらいの資金があればいいですか?」
という疑問を持っているかたが

準備資金に「これだけあればOK」という明確な数字はありませんが、
月利30万円くらいを目指すのであれば、100万円くらいは欲しいかなというところです。
もちろん、あればあるほど有利なのは事実です。

そもそもの質問の主旨として、
どのくらいの発注金額や広告費になるか分からない、
というのが理由でそのようなフワッとした質問を
抱く方が多いのかなとお思いますので、
この記事ではどのようなお金の流れになるのかを、
ざっくりとご説明したいと思います。

最初から利益率30%以上なんて無理

この中国輸入ビジネスについて、
色々とリサーチされている方は
せどりや転売でない限り、
価格戦略でSEO対策をしたり広告を出したりと、
販売直後からベンチマーク商品のような利益率は目指せないことは、
十分にご理解いただけていると思います。

以下の記事でも紹介していますが、
このビジネスモデルでは、
最低でも30%以上の利益率は確保できる商品でないと、
資金回収が非常に困難になります。
不動産業者が1億円の物件を3%の手数料で仲介するのとは
訳が違います。

数字に強くなる=経営者としての最低限のスキル

「黒字倒産」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
物販ビジネスをしていて、この意味が分からなければ
まだまだリスク管理ができていない状態にあるかもしれません。

「利益が出ているのに倒産するってどういうこと?」
という疑問を持つようであれば、
ぜひこれを機会に数字に強い経営者になってください。

国税庁のデータによると、会社が存続できる確率は、

1年後:40%
5年後:15%
10年後:6.3%
20年後:0.4%

だそうです、1年後には6割の会社が倒産しています。

予想以上に消えてしまう会社が多いと思いませんか?
売上・収益ともに伸びていても、
キャッシュがなくなれば会社はそこで終わりです。

「この商品良さそう」
「数%だったら利益率下回っても大丈夫っしょ」
「売り上げ順調に上がってるし、時々にはパーっと行こう」

という具合に、裏付けのない数字ではなく、
感情だけで進めてしまうと、近い将来本当に大変なことになります。
大企業のトップは、もれなく数字を愛している方達ばかりです。

実際の資金回収はどのように予想すればいいのか?

以下は実際に私が販売した商品を選定した際に、
立てた資金回収予想です。
月間約1,000個売れているベンチマーク商品(競合商品)から、
以下のような目標数値を設定しました。

利益率:約32%
月利:約50万円
目標販売価格:3,380円

上記の例でいくと、4ヶ月目くらいから単月でプラスに転じて、
累計では6ヶ月目くらいからプラスに転じるという予想です。
あくまでも予想なので、多少のズレはもちろん出てきますが、

要は、「目標の金額で販売した際に、どのくらいの月利を見込めるか」です。
そこが見えていれば、初月でいくらマイナスになったとしても、

遅れたとしても数ヶ月以内にプラスに転じることが分かっていますが、
見えていなければ、いつまでたっても資金回収ができない、なんてことになります。

資金回収計画シートが必要な方は、こちらからダウンロードしてください。

目標販売価格

通常、ベンチマーク商品の100~300円程度安くして販売するイメージですが、
商品によっても異なりますし、正解はありません。
まったく商品レビューがなく、実績がない商品を
いくらであれば買ってもらえるか、というところです。

商品ジャンルによっては、
あまり安すぎると「この商品やたら安いけど、大丈夫かな?」
そんな疑念を持たせてしまうと、
逆に買ってもらえないものもあります。
例えばベビー&マタニティの商品です。

大切な我が子のための商品なので、
安心・安全なものを使いたいという親心を察すると、
「安ければ安いほどいい」という訳でもないようです。

販売個数

ベンチマーク商品と比較して半値程度での販売開始なので、
僕の経験上、インパクトがありかなりシェアを奪えると予想しています。

広告費

その商品のキーワード単価や、
オート・マニュアルでの広告設定で、
設定する1日の上限金額が大きく変動しますので、
あくまで参考程度にお考えください。

まとめ

短期的に見ると、3ヶ月目までは単月でマイナスになっていますが、
長期的計画を見据えることで、
メンタルもブレることなく数字で判断ができるようになります。

例として取り上げたこの商品は、
最終的に単価が3,000円を超える高めの商品ですし、
1回の発注金額が100万を超えてくるため、
あくまで商品の一例として参考にしてくださいね。

あなたの資金に応じた商品の選定をしていきましょう。
「資金回収計画をチェックしてもらいたい」という方は
僕の公式LINEアカウントからお知らせください。