【体力温存してますか?/SHUN流ライフハック】フルマラソンを100m走の勢いで走る人たち

こんにちは、SHUNです。

先日、情報発信をやっているある知人から相談を受けました。

情報発信やめようかなと思ってる
なんで?
一ノ瀬
一ノ瀬
めちゃめちゃ時間かかるのに、全然成果出ないし…

彼は本業でアパレル物販をやっているので、
それに関するノウハウなどについてブログで発信していたのですが、
ブログで情報発信し始めてまだ数ヶ月程度。

僕には、なぜやめるのかが理解できず、
その後、彼にいろいろ伝えて結局発信し続ける、
という結論に至ったわけなんですが。。

その日に彼に僕が伝えたことは、
もしかしたら何かを頑張っているあなたの力になるかもしれませんので、
ぜひ人生という大きな視点においても、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

彼がやめる理由を僕が理解できなかったワケ

いろんなビジネスモデルがあって情勢の変化も著しいので
やめざるを得ないという事業も中にはあると思いますが、
情報発信ビジネスって、スタート資金もほとんどお金はかからないし、
資産構築型なので、毎日少しずつ積み上げていけばいいだけです。

ワードプレスが「1日10記事更新しないと罰金もしくはブログ閉鎖」なんてルールも設けていませんし、
やめる必要はなく、毎日できることを一歩ずつやっていけばいいだけです。
でも彼が「やめようかな」と言ってきた理由は、
大して価値提供もできていないのに、初めからお金を求めすぎていたからです。

このイラストはネット上でよく見ますが、
「ダイアモンド(成功)はすぐそこにあるのに、そのギリギリ手前で諦めてしまう」パターンです。
成果を手にする直前が、肉体的に精神的にも一番キツイことが多いので、
「はぁはぁ、もう俺はこれだけ頑張ったんだから、もういいだろう」
そんな言い訳を自分に言い聞かせて、諦めてしまうのです。

僕のブログをチェックしてくれているあなたは、
「目先のキャッシュではなく、資産としてのビジネス構築をしたい!」
と考えているはずです。

例えば、資産としてアパート経営をするにあたって、
「資金調達から、土地探し、物件の着工から完成、
そして満室までを1ヶ月で終わらせたい!」なんて思うでしょうか?
不労所得が目に見えているビジネスで、
そんなに簡単に成果が出れば、誰も苦労はしません。

今となっては大儲けしているヒカキンさんを表面的に見て、
「ボロい商売やってるな〜」なんてノリでYouTuberを始めると、
「全然稼げないじゃん!」なんてことになります。
並々ならぬ努力と継続性があったからこそ、億単位での年収を実現できているのです。

始める時点で、「YouTubeはお金になる」という期待が膨らみすぎて、
理想と現実のギャップが大きすぎて挫折する、
という超シンプルな失敗パターンです。

どこかのタイミングで多かれ少なかれ得るものは必ずあるわけなので、
特に情報発信ビジネスは、毎日コツコツとできることをやっていけばいいだけです。
やめるという選択肢は、そもそもありません。
とにかくやり続ければいい、ただそれだけです。

裏技や魔法なんてものは存在しません。

フルマラソンを100m走のペースで完走しようとしている

とにかくやりつづければいいんでしょ?
うん、そうだよ。
でも、ペースもちゃんと考えてね。
一ノ瀬
一ノ瀬
ん、どういうこと?楽天の成功のコンセプトにも「スピード!!スピード!!スピード!!」ってあるじゃん?
あれはあれだよ。
スピードはあるに越したことはないけど、
それよりも毎日継続することのほうがよっぽど大事。
一ノ瀬
一ノ瀬

どういうことかって、長距離を猛ダッシュしちゃってる人が多すぎるわけです。

どうみても、数ヶ月や数年単位で達成するような目標を
数週間や1ヶ月くらいで終わらせようとしているということです。
どう考えても「そんなに全力ダッシュしてたら、42.195kmは完走できないでしょ」
というくらいのペースで成果を超短期的に求めすぎていては、
もちろん息(体力やモチベーション)が続かず、ゴール(成功)にたどり着けません。

誰に対しても、何事に対してもそうですが、
期待をするから不満が募ったり、挫折しちゃったりするわけなので、
長期的に少しずつ実践することを意識して、何かしらの成果が出たらラッキー、
くらいのノリでやるほうが、肩の力も抜けて継続的に取り組むことができます。

未完了タスクが多いと、人のセルフイメージはどんどん下がる

「あれもやんなきゃ、これもやんなきゃ、あっ、あれも忘れてた」
そんな状態が続いているとあなたのセルイメージはどんどん下がります。

  • 車のオイル交換しなきゃ
  • 仕事用の靴の修理頼まなきゃ
  • 病院に薬もらいにいかなきゃ
  • 家の掃除しなきゃ
  • 友人に借りてる本読まなきゃ
  • 携帯代、コンビニで払わなきゃ
  • 町内会の回覧板回さなきゃetc

なんでもいいのですが、未完了のやることリストを増やし続けると、
「自分は何もできないダメ人間」という想像をし続けて、
無意識でセルフイメージを下げまくることができます。

そうならないためにも、先延ばしをしちゃうくせをやめる必要があります。
やるべきタスクをできる限り小さく細分化して、
どんなに小さなことでもいいのでとにかくどんどんクリアしてみてください。

本を1冊読むことが目標であれば、1日1ページ読む、
フルマラソンに出るのが目標であれば、1日1km走る
くらい小さなタスクからスタートすれば問題ありません。

30個くらいリストを作って全部クリアした時に、
「うぉ、結構やればできるもんだな」と
セルフイメージがグンと上がっていることに気付きます。

やってみた人がだけが気付ける清々しさなので、
最近、「自分ってダメだ」が多い人は、ぜひ一度やってみてください。

まとめ

いかがでしたか?

物販ビジネスにかんしては、物を仕入れて売るのである程度流れは把握できますが、
情報発信ビジネスにかんしては、無形サービスを提供するわけなので、
「本当に成果が出るのだろうか」と不安になる初心者の方も多いと思います。

先ほどもいいましたが、継続して実践すればいい、ただそれだけです。
フルマラソンにはフルマラソンに適したペースがあります。
全力でやり切ろうとせず、体力温存しながら継続的にコツコツと実践していきましょう。

あの堀江貴文さんもおっしゃってます。
「成功って実はものすごく簡単……やればいいだけのこと」と。

半年後や、1年後、2年後には、少しずつ継続していれば
「お、気付かないうちにここまで来たか」といえる日が来ます。

追伸

2020年8月某日、深夜0時を回るか回らなかくらいに、
家でPC作業をしていましたら、自宅の駐車スペースから
車を停めて人が降りる音がしたので、
「誰?」と思って見てみたら、警察でした(笑)

いや、僕は何も悪いことはしていません。
外に出てみたら近くのアパートの一室のドアの前に
お巡りさん2人が立ってて話してました。

「これ、えっ?どういうこと?(笑)」ってなりましたが、
お仕事中みたいだし、僕も駐車スペースが使えずに困っていたわけじゃないので、
ソッとしておきました。

あなたなら、どうしますか?(笑)