【Amazonでの市場規模?】売れている商品の判断基準

こんにちは、SHUNです。

以前の記事でAmazonでの販売商品をリサーチする際のポイントとして、
「オリジナル商品として販売するにあたり、
Amazonでの市場規模が十分かどうか」
を確認する必要があります、とお伝えしました。

「実際、Amazonでの市場の規模ってどうやって計測すればいいのか?」
と思う方もいらっしゃると思います。

今回は、そんな不安をキレイに払拭しつつ
実際にどの程度の販売数とランキング順位であれば、
オリジナル商品としてピックアップして良いのか、
詳細について説明していきます。

市場規模とは

ズバリ、その商品の需要(欲しがっている人がいる)があるかどうかです。
Amazonでの市場サイズの計測の仕方についてお伝えします。

「あなたが売りたい商品」ではなく
「世の中に求められている商品」
を見つけていかなければなりません。

あなたがAmazonで稼げる額=選ぶ市場サイズ×獲得できるシェア
というのを忘れてはいけません。

月500個売れている商品Aと
月100個しか売れていない商品Bだと、
商品Aは商品Bの市場規模が5倍ということになります。

競合レベルがどうであれ、
市場サイズが大きければ大きいほど、
シェアは獲得しやすくなります。

市場が大きければ大きいほど、
競合レベルも高くなってきますので、
十分に市場があるジャンルの中から、

あなたのレベルにあった参入できる市場
を見つけていってください。

市場規模の計測方法

まず、「市場が大きい」かどうかの見極めとして、
Amazon売れ筋ランキングを見ていただきたいと思います。
今回は一例としてスポーツ&アウトドアのランキングを見ていきます。

ランキングの見方としては、Amazonトップページの
検索バーの左にある「すべて」をクリックしてもらうとプルダウンが表示されますので、
その中からカテゴリーを選択してください。
選択が終わったら、何も入力せずに右側の検索ボタンを押してみましょう。

するとそのジャンルのトップページにジャンプしますので、
「Amazonランキング」をクリックしてみましょう。

そこであなたが選択したカテゴリーの
売れ筋ランキングをチェックすることができます。

今回は、ランキング2位になっているアブホイールを例として
市場規模を確認してみたいと思います。
2位のアブホイールの商品ページに飛んでみると
商品ページの中央辺りに「登録情報」という項目があり
大カテゴリーランキングと小カテゴリーランキングの
順位が表示されています。

写真のようにこのアイテムは大カテゴリーでは2位、
小カテゴリーでは1位であることが分かります。

ここからが市場規模の確認の重要ポイントです。
同じアブホイールであれば、少なくとも以下の写真で確認できる限り、
3位、4位、5位、7位、8位、10位、11位、12位、13位、15位、17位、18位、19位
にランクインしています。

このランキング1位のアブホイールと
ランクインしている他のアブホイールが
大カテゴリーのランキングで、
どのくらいのランキングの差があるのかを確認してみましょう。

小カテゴリーで3位のアブホイールは大カテゴリーで15位に
ランクインしているのが確認できます。

つまり、Amazonでのアブホイールは、
小カテゴリー1位→大カテゴリー2位
小カテゴリー3位→大カテゴリー15位
ということが確認できました。

念のため4位以降のアブホイールも数アイテム確認したところ、
以下のように大カテゴリーランキングでも上位を占めており、
複数のアブホイールが上位にランクインしている=売れている=Amazonでの市場規模が十分である
ということが確認できました。

場合によっては、小カテゴリー3位以降のアブホイールが
大カテゴリーでランキング5桁台というのも考えられます。

その場合、
・その商品がメディアに取り上げられ、一時的にバカ売れしている
・SNSなどの外部からの直接流入
などの理由で、特定の商品だけ売れていると考えられますので、
OEM商品として販売するだけの十分な市場規模ではない可能性が高いです。

つまり、
「この商品めっちゃ売れてるから1000個発注しよう」と言って仕入れても、
Amazonユーザーでその商品が欲しいという人が少なすぎて、
全く売れず在庫だけが残る、という状況になってしまいます。

今回のアブホイールに関しては、類似商品を販売しているセラーが多数いますし、
嵩張る上に販売価格が1000円を下回っています。
そのため、仕入れ原価や配送方法によっては利益率が低いものもあるため、
今回はあくまで説明のための一例としてお考えください。

目指すべきランキング順位

月間販売数150個くらいは売れている商品のランキング目安です。
以下を参考に商品リサーチをしてみましょう。

もちろんランキングが上位になればなるほど、
販売数は多くなりますが、ライバルセラーも多くなります。
中国輸入の場合、10,000位以下はリサーチ候補圏外ということになります。

カテゴリ ランキング目安順位
パソコン・周辺機器 2,500位
家電&カメラ 3,000位
ホーム&キッチン 2,500位
ペット用品 3,000位
ドラッグストア 6,000位
ビューティー 3,000位
ベビー&マタニティ 500位
服&ファッション小物 1,500位
シューズ&バッグ 1,000位
おもちゃ 1,500位
ホビー 1,000位
スポーツ&アウトドア 1,500位
車&バイク 500位
DIY・工具・ガーデン 500位

仮に、

販売価格:4,980円
月間販売数:150個
利益率:30%

の商品であれば、
4,980×150×30%=約224,100円
の利益を確保できるということになります。

Amazonに出品されている商品点数は常時変動していますので、
あくまでも目安の数値とお考えください。

在庫追跡ツールを使う

上の表からも分かる通り、
カテゴリによって位置するランキング順位により、
販売数がかなり変動してきます。

「結局、どのカテゴリでどのくらいの月間販売数だったらいいの?」
「正確な月間販売数が知りたい!」
という方はツールを使うというのもありだと思います。

私もそうでしたが、リサーチし始めの頃はランキングの目安など見当もつきません。
正確な1日の販売数は、手動で計測できないこともないですが、
かなりの時間と労力がかかってしまいます。。

一番有名どころで言えば、セラースプライト(SellerSprite)でしょうか。
実際の販売数ではなくランキングの上下を
AIが読み取って算出しているということらしいので、
私の体感的にはまぁまぁな誤差があります。

まぁ、そんなことを言われても伝わらないと思うので、
一度ご自身で使ってみてください。
登録する際は、30%割引クーポンを忘れずに。

使用するためには、無料の会員登録が必要なので、
こちらから会員登録をしましょう。
クーポンコード:VX7563

どのくらいのランキングでどのくらいの販売数なのか体で覚えられれば、
ずっと使い続ける必要もないです。

シェアが取れやすい市場

上記で選定していただいた市場の中でも、
比較的シェアを取りやすい市場はどのような市場でしょうか。

1. 商品カタログの内容が悪い

以下のような商品カタログのネガティブ要素がある商品であれば、
同等以上の品質であれば、十分にシェアを取れる可能性があります。

・商品画像が魅力的ではない
・商品説明が不十分
・商品紹介コンテンツを作り込んでいない
・他にも売れる可能性があるキーワードが盛り込まれていない

特に外国人セラーが作成した商品カタログであれば、
日本語が分かりにくいなどのケースもありますので、
参入できる隙間をどんどん見つけていきましょう。

2. 商品レビューが悪い

ライバル商品の商品レビューが☆4以下であれば参入しやすいでしょう。
また、カスタマーレビュー自体が20個以下であればさらに良いです。
評価の数が100以上越えているような商品の場合、
同じ土俵に立てるまでにかなり時間がかかってしまうので
あまりオススメはしません。

上の写真のような商品レビューの場合、
悪い評価となってしまっている原因を追求し商品品質に反映することで、
100個以上のレビューがあっても戦える可能性があります。

3. セラーとしてのレベルが弱い

商品レビューを一番重要視すべきですが、
上のように、出品者評価が少ない・悪い場合、
参入からまだ日が浅く、
経験値が少ないセラーの可能性が高いと言えます。

また、セラーの出品者情報を見て、
会社名で他のショッピングモールや自社サイトなどでの販売がないか、
ある場合、どのくらいの規模感なのかを調べてみてください。

例えば、10商品を販売していて1商品しか売れていないようなセラーは、
たまたまその商品が売れている、という可能性もあるので、
セラーとしてはそこまでのレベルではないかもしれません。
つまり、これからあなたが参入しても
十分に勝てる余地があるかもしれない、ということですね。

4. 後発組として、ポジショニングが取れるか

一言で言えば、他の競合商品がある中で、
「あなたの商品を選んでもらう理由」を
明確に見せる余地があるかどうかです。

まったく同じ商品でも魅せ方を変えることで、
違う商品として打ち出せる、といつもお伝えしていますが、
ずらし方を間違える、もしくは勘違いをしてしまうと、
どうしても思った価格まで値上げができなかったり、
そもそも市場のニーズに合っていなかったりするので、
十分注意が必要です。

まとめ

冒頭でもお伝えしましたが、
商品を販売する上で重要なのは
「あなたが売りたい」かどうかではなく
「その商品の十分な市場規模(需要)」があるかどうかです。

月間販売数、利益率、月利などのデータに基づいて、
客観的な商品選定ができるかどうかが成功の鍵になります。

コメントを残す