【JANコード?GS1事業者コード?】あなただけのバーコードの取得方法

こんにちは、一ノ瀬です。

日常に溢れている商品の裏側を見ていただくと、
バーコードが大体付いていると思いますが、
Amazonに商品登録をする際には、
このバーコードが必要です。

Amazonで製品コード免除申請というのをすることも可能ですが、
いろいろと制限があるのであまり推奨していません。

このバーコードは一般的にJANコードと言われているのですが、
この記事ではそのJANコードを作成する際に必要な、
GS1事業者コードというものを貸与してもらう方法についてお伝えします。

GS1事業者コードってなんやねん?

日本で販売される商品でいうと、
「45」または「49」で始まる9桁または7桁の番号のことです。
これがないとあなたの商品のオリジナルバーコードは作れません。

その番号に商品アイテムコードを組み合わせることで、
バーコードの下に書いてある11桁か13桁のバーコードが完成するわけです。
それがいわゆるJANコードと言われるものです。

ちなみに無料ではないですが、
オリジナル商品を販売するのであれば、
必要経費ですのでケチらないようにしてください。

GS1事業者コードを貸与してもらうには?

一般財団法人 流通システム開発センターというところに
新規登録の手続きを依頼します。
インターネット、もしくは登録申請書による申請が可能です。

インターネットであれば入金から約1週間で、
GS1事業者コードが記載された「GS1事業者コード登録通知書」が
普通郵便(転送不可)で届くので、オンライン申請がオススメです。

料金は以下のようになっています。

申請料算定区分とは:
区分Ⅰ:年商の50%以上が「製造事業」、「自社商品の販売事業」の売上に該当する事業者は区分Ⅰを選んでください。

  • 製造事業とは、「モノ」を製造(加工)販売している事業をいいます。
  • 自社商品の販売事業とは、オリジナル商品・プライベートブランド商品(製造を外注しているものも含む)を取引先や消費者等に販売している事業を事業をいいます。

区分Ⅱ:年商の50%以上が「卸売事業」、「小売事業」、「サービス事業等」の売上に該当する事業者は区分Ⅱを選んでください。

  • 卸売事業とは、他社から完成品を仕入れ、加工せずに取引先に販売している事業をいいます。
  • 小売事業とは、他社から完成品を仕入れ、加工せずに消費者等に販売している事業をいいます。
    ※自社商品の販売事業は区分Ⅰに含まれます。
  • サービス事業等とは、サービス(無形の商品)を提供している事業をいいます。
    (例)飲食業、ホテル、物流業、不動産業、エンターテイメント、広告・イベント業、金融・保険業、各種学校、電気・ガス・通信業、医療機関、官公庁等

これから物販を始める方であれば、
おそらく区分IIの3年間分で12,960円になるでしょう。
360円/月くらいですので、そこまで高いものではありません。

ちなみに事業者コードを一度申請すれば、
1000種類のバーコードを作成することができます。
申請はとても簡単なので、この記事での説明は省略しますが、
以下のリンクから進めてみてください。

GS1事業者コードの新規登録手続き

 

迷ったら以下の内容で入力しましょう。
業種区分:卸・小売業
年商:任意
利用用途:JANコード
商品アイテム数:任意
主要商品名:任意
用途分類コード:任意
主要取引先:Amazon

まとめ

とにかく、この中国輸入ビジネスをやるのであれば、
この事業者コードは取っておいた方が、
商品登録の際にかなりスムーズに進めることができますので、
商品が決まったら悩まずに、サクッと申請しておきましょう。

せどりビジネス