【あなたの商品ページ、見られていますか?】Amazon商品検索エンジン「A9」の実態

こんにちは、一ノ瀬です。

メルマガ登録

このブログで紹介しているビジネスモデルは、
基本的に、Amazonのプラットフォームを借りて販売をするモデルです。

Amazonは販売手数料でビジネスをしているので、
売れない商品ではもちろん意味がありません。

長期的に継続して売れる商品というのは、
Amazonが手数料を取りやすい商品=SEO上位表示されやすい商品、
ということになります。

Amazonのみならずネット物販をする上で、
どうすればあなたの商品が露出されるのか、
つまり、どうすれば多くの人に見てもらえるのか
というところが運命の分かれ道となってきます。

自分では「これは絶対に売れる!」と思って
本当に売れる商品だったとしても、
人目に触れなければ、売れるものも売れません。

良い商品であっても、
Amazonでの市場規模が小さすぎるとか、
他の原因で売れていない可能性もあるので、
そんな方は、そこから見直してみてください。

Amazonでの「検索順位・SEOが高い」とは?

通常、Amazonでは1ページ目に表示されれば
ある程度の露出がある、という考え方で大丈夫ですが、
最終的には「キーワードに関連する商品」で
上位8商品以内に入れるようにしていきましょう。

ちなみに下の画像は「アブホイール」で検索した結果ですが、
上位4商品はスポンサープロダクト(広告)の表示ですので、
5商品目〜12商品目に表示できるようにしましょう。

AmazonでのSEOアルゴリズムとは?

A9」と呼ばれています。
どうすればその検索表示システムを制覇し、
検索上位をキープできるのでしょうか。

Amazonからは、このA9に関する情報は公開されていませんが、
どれだけ見られているかだけでなく
以下のような要素も重要である、と考えられています。
それはAmazon創業者であるジェフ・ベゾスの理念「顧客は常に正しい」
Amazonの「地球上で最もお客様を大切にする会社」という企業理念
に基づいて生み出された検索エンジンであると言えます。

ちなみに、Amazonでのランキングは
検索SEOには直接関係がないと言われています。
ランキングが高ければ、ある程度の数は売れているとは思いますが、
あなたの商品を、購入者が検索するキーワードで
検索上位表示されているか、日々チェックが必要です。

1. 直近の販売数

直近でどのくらいの販売数があるか、ということです。
「直近」とは過去5〜10日間くらいではないかと考えられています。
もちろんAmazonからの公の情報ではありません。

また、「販売個数」ではなく「販売件数」のほうが
重要であるということです。
つまり、購入者1人が10個購入するよりは、
購入者10人が1個ずつ購入するほうが
Amazonの検索エンジンとしては有効だと言われています。
ただ、1回の販売で1個よりも10個のほうが
検索順位には有利であるようです。

2. クリック率・ユニットセッション率

クリック率:検索結果からあなたの商品ページがクリックされる割合
ユニットセッション率:その内どのくらいのユーザーが実際に購入するか

あなたの商品ページを閲覧するユーザーが多数いても、
購入に至らなければ、AmazonのSEOアルゴリムには
あまり好印象ではないということです。

クリック率は高いけど、ユニットセッション率が低い場合、
あなたの商品自体または商品ページに何かしらの原因があると考えられます。
では、クリック率・ユニットセッション率を改善するためには
以下のポイントを注意した方が良いと言われています。

i. 市場における適正な価格

ベンチマークしている商品や他の類似商品よりも
あまりにもかけ離れた価格設定をしていませんか?
あまりにも高すぎると見てもらうことすらできません。
定期的に市場での価格チェックが必要です。
価格戦略中を除いて、安すぎるのも好ましくありません。
(ベビー&マタニティは安いと特に不安がられます)

先ほどの目指すべきSEO順位で5〜12位以内表示を狙うためにも、
まずは価格を相場より安くして
辛抱強く、価格戦略を徹底しましょう。
カテゴリによっては、さらに上を目指した方がいい場合もあります。

ii. メイン画像・商品タイトル

ユーザーがクリックしたいメイン画像になっていますか?
展示している商品の画像が魅力的でないと
あなたの商品を見に来てくれません。
メイン画像に関しては画像全体の85%以上を商品が占める必要があったり、
背景は白でなければならないなどのルールが定められています。

また、商品タイトルに関しても、
とにかく思いつくキーワードを羅列しているようなタイトルは言語両断です。
ブランド名や商品名、そして商品の特徴などを
簡潔に伝えられる商品タイトルにしましょう。

3. 商品ページ内のキーワード

Amazon販売でランキングよりも大切なSEOを攻略するために、
このキーワードがとても重要になってきます。

あなたの商品が、どのような検索キーワードを設定すれば
ユーザーがたどり着くことができるのかを見極めましょう。
個人的にオススメしているのは以下のサイトです。


以下のようなサジェストキーワード(ユーザーの検索頻度の高いキーワード)を
一括してCSVダウンロードすることができます。

キーワードに関しては、
商品タイトル、商品説明、キーワード欄、商品紹介コンテンツで、
適度に散りばめていくことにより、SEO対策をすることが可能です。

ただ、言うまでもありませんが、
全く関係のないキーワードで露出を高めても意味がありません。
筋トレ用のダンベルを探しているユーザーに、
スマホケースを提案したところで、売れるわけもありませんし、
むしろ嫌われてしまいます。

上記でもお伝えしたジェフ・ベゾスの理念「顧客は常に正しい」や
「地球上で最もお客様を大切にする会社」というAmazonの企業理念を忘れずに、
ユーザー目線での商品カタログ作成を心がけましょう。

4. 商品レビューの質・件数

 

Amazonの商品ページでは必ず目にする、このカスタマーレビュー。
これもAmazonの企業理念から考えると重要な指標になってきます。
Amazonはこのカスタマーレビューは“量”よりも”質”が大事です。
上記の2つの例に関しては、”量”も”質”も左の商品の方が
上回っているのが明らかです。

レビューに関しては、
積極的にレビュー記載をしてくれるユーザーの方もいますが、
何も対策をしなければ、ある程度の数が集まるまでにとても時間がかかります。
いくつかオススメのレビュー促進方法がありますので、
以下で詳細をお伝えしています。
※近日公開(オススメのショップレビュー・商品レビュー促進方法)

もちろんカスタマレビューも大事ですが、
良いレビューは良い商品ありきの話ですので、
ユーザー目線での商品開発や商品カタログ作りを優先しましょう。

5. 在庫数

これもAmazonの企業理念からすると当然のことではありますが、
「在庫切れを頻繁に起こす商品ページはユーザーに優しくない」ということです。
在庫切れを起こすと検索結果で商品ページが表示されなくなり、
販売数が落ち、ランキングやSEOに少なからず影響が出てきますので、
少数精鋭で進めるオリジナル商品の販売では、
ぜひ余裕を持ったロット発注をオススメします。

まとめ

Amazon商品検索エンジン「A9」を攻略するために必要なポイントは
1. 直近(過去5〜10日間)の販売数
2. クリック率・ユニットセッション率を高める
3. 適切なキーワードの入力
4. “量”よりも”質”の良いカスタマーレビュー
5. 余裕のある在庫数

すべてはAmazonユーザーの立場に立ったSEOアルゴリズムだと言えます。
今回お伝えしたポイントに気をつけながら、
購入者目線での商品カタログの作成をしていきましょう。

せどりビジネス