【リスティングURL】Amazonの商品カタログのタイトルのキーワードの選び方

こんにちは、一ノ瀬です。

タイトル通り、商品カタログを作成する際の、
商品タイトルに含める「キーワードの選び方」についてです。

これ意外と大事です。
リスティングURLといわれますが、
検索された時のSEO順位に影響してきます。

Amazonでの売り上げを大きく左右するのは、
検索されたときの表示される位置がとても重要です。

PC表示であれば広告を除いて8位以内、
スマホ表示であれば3位以内を目指したいところです。

商品カタログURLのキーワード

何かというと、
商品カタログのタイトルに入っているキーワードが
無作為に抽出されて、商品カタログのURL内に自動的に設定されます。

実際に、URLのどこに表示されるキーワードなのか、
例として「折りたたみ傘」で検索した時に表示される商品を
比較してみましょう。

1. 重要なキーワードが入っている商品カタログ

の部分がAmazonのシステムから自動的に割り当てられるキーワードですが、
以下の商品のURLには「折りたたみ傘」がしっかり入っています。
(メイン画像自体に「ベストセラー」という文言を入れることは規約違反です…)

2. 重要なキーワードが入っていない商品カタログ

この商品は「傘」というキーワードが入っていますが、
「折りたたみ傘」はありません。

この商品は「傘」というキーワードすら入っていません。
この状態では、商品タイトルでのSEO対策が不十分なため、
重要なキーワードが入っている商品カタログに勝つには
かなり難しい状況です。

具体的な商品タイトルのキーワードの選定方法

検索順位に影響を及ぼすのは、のキーワードですが、
Amazonのシステムが自動的に割り当てるため、
こちらでは編集したりすることができません。

キーワードの中でも絶対に欠かせないものを
5〜6個のみ厳選して商品タイトルに入力します。
初めから6個に限定して入力しておけば、
Amazonのシステムも選択の余地がありません。
一番効果があるのは6ワードと言われています。

ある期間以前に作られたカタログは、
商品タイトルを修正してもリスティングURLは変更されませんが、
最近、新規作成されたカタログは商品タイトルを変更すれば、
URLのキーワードも24~48時間以内には
変更されるようになっています。

以下のポイントも押さえながら、
商品タイトルの設定をしてみてください。

  1. 全角文字・スペースは区切り文字として認識されない
  2. 半角ハイフンで繋がった単語は1単語として認識される
  3. ブラウズノードのカテゴリ名に含まれるワードは選定されない
  4. 半角カッコ「()」の中に入力されたワードは選定されない
せどりビジネス