【まずは初めの一歩を踏み出そう】Amazon出品用アカウントの開設

こんにちは、SHUNです。

今回は、これをしないとスタート地点にも立てない、
「Amazon出品用アカウントの開設」についてです。

楽天やYahoo!だと、
出店申請や審査にとても時間がかかる印象ですが、
Amazonの場合、必要書類などが揃っていれば
約30分で完結できます。

また、アカウント開設をする方の中には、
何らかの理由でアカウント閉鎖になったため、
という方もいらっしゃると思います。
その場合、注意が必要な点もいくつかありますので、
併せて共有させていただきます。

必要なもの

1. パソコン

最近はスマホで色々と完結できてしまうため、
パソコンを持っていないという方もいらっしゃると思いますが、
PCは必須です。
WindowsかMacか、デスクトップかノートPCかなどは、
好みで問題ないでしょう。
ただ、どこでも実践できるビジネスモデルだからこそ、
私はノートPCをオススメします。

2. インターネット回線

最近はテザリングやポケットWi-Fiなどもありますので、
インターネット環境は比較的すぐに整備できると思います。
新規アカウントを開設する際に、公共のフリーWi-Fiを使用するのは、
かなり危険なためオススメはしません。
閉鎖になったアカウントと関連付けられてしまう可能性があるからです。

私の場合、インターネットカフェで新規アカウントの開設をして、
サブアカウントを自分用PCに付与して運用しています。
この方法でも、アカウントの関連性を疑われる可能性は十分にありますので、
自己判断でお願いいたします。

また、アカウント閉鎖からの新規アカウントの場合、
IPアドレスの変更や、ブラウザでのキャッシュの削除なども必要です。

3. メールアドレス

フリーのメールアドレスで問題ありません。
閉鎖アカウントと同じメルアドは使用できません。

4. クレジットカード

大口出品の月間登録料(4,900円(税抜))や広告費の支払い等で使用します。
売り上げが安定してあれば、そこから相殺されますので、
毎月カードに請求されることはありません。

小口出品であれば月間登録料はかかりませんが、
小口から大口への変更申請ができたりできなかったりするので、
小口からスタートする方は要注意です。

場合によっては、一度アカウントを閉じて、改めて大口での登録が必要とのことです。
再度開設する手間や、ショップ評価がクリアされてしまうことを考えると、
本格的に物販をされるのであれば、初めから大口での登録をオススメします。

使用するカードは、どのようなクレジットカードでも問題ありません。
新規アカウントの場合、特に問題ないと思いますが、
アカウント閉鎖からの新規アカウントの場合、注意が必要です。

カード名義人は同じでも大丈夫だと言われていますが、
閉鎖アカウントと同じ番号のカードは使えません。

また、カードの請求先住所もチェックしている?
と言われていますので、その点注意が必要です。

5. 銀行口座

ネットバンクの銀行口座でも問題ありません。
アカウント閉鎖された時とまったく同じ銀行口座は使用できませんが、
同姓同名の可能性もありますので、
違う銀行口座であれば問題ないでしょう。

6. 電話番号

ご自身の携帯電話などでも問題ありませんが、
オススメはIP-Phone SMARTです。
クレジットカード1枚につき、1番号を無料で持つことができます。
基本料は無料、発信しなければ料金は発生しません。

自動音声による本人確認があるため、
実在する電話番号が必要です。
こちらもアカウントの閉鎖の経験があれば、
異なる電話番号を用意しましょう。

7. 住所

ご自身の住所でももちろん問題はありませんが、
家庭の事情などがある方もいらっしゃると思いますので、
バーチャルオフィスも一つの選択肢です。

ただ、他のセラーが以前に同住所のアカウントで閉鎖になっていた場合、
関連付けられる可能性がありますので、
自己責任で設定をしていきましょう。

ちなみに、10の本人確認書類が必要になった場合は、
最初からバーチャルオフィスの住所での登録は難しいので、
身分証と一致する住所で審査を通した後に、
バーチャルオフィスの住所などに変更するようにしましょう。

8. 運営責任者

ご自身の名前で問題があれば、
家族もしくは友人などに依頼しましょう。

9. 出品商品

新規開設アカウントであれば、特に気にする必要はないと思います。
アカウント閉鎖後の新規アカウントの場合、
出品商品が6割以上被ってしまうと、
アカウント関連付けのリスクがあるという情報もありますので、
確証はありませんが、注意が必要です。

10. 「国民IDの証明書類」と「銀行取引明細書」

アカウント作成が完了したら、
ランダムで以下のようなメールが届きます。

メールが来た場合は、以下の2点の提示が必要です。
過去に閉鎖になったことがある方は、
関連付けられる可能性がとても大きいので、
名義を貸してもらう必要があるでしょう。
※裏技もありますが、自己責任でお願いします

一度審査が通り、アカウント開設されれば、
以下のようなメールが来ます。

国民ID(身分証明書)の証明書類1部

提出書類は以下の条件を満たす必要があります。
・政府発行の国民IDの両面をスキャンしたカラーコピーを1つのファイルに統合し、提出してください。会社/法人は、運営責任者または代表者の政府発行の国民IDを提出する必要があります。スクリーンショットは送信しないでください。
・判読可能なコピーを送信してください。
・身分証明書は、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、スペイン語のいずれかの言語でなければなりません。これらの言語のいずれでもない場合は、パスポートのコピーまたはいずれかの言語に認証翻訳された書類を提出してください。
・国民IDに記載されている名前は、Amazonアカウントに登録されている名前と一致している必要があります。
・国民IDの期限を確認してください。

Amazon「出品者の本人確認」より

銀行取引明細書1部

提出書類は以下の条件を満たす必要があります。
・口座番号および金額は隠し、文書のその他の部分が見えるようにしてください。
・文書は以下のいずれかの言語である必要があります:中国語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、スペイン語。それ以外の言語の場合は、前述のいずれかの翻訳に公証を添えて提出してください。
・会社/法人の場合、銀行取引明細書の口座名義は、Amazon アカウントの正式名称と一致する必要があります。個人の場合、銀行取引明細書の口座名義は、政府が発行した国民ID(身分証明書)の名前、およびAmazon アカウントに登録されている名前と一致する必要があります。
・銀行口座明細書に記載されている住所は、Amazonアカウントに登録されている住所と一致している必要があります。 Amazonアカウントの住所を変更する必要がある場合は、申請を送信する前に、まずこちらで手順に従います。
・銀行口座明細書は、過去90日間に発行されたものを送信してください。

Amazon「出品者の本人確認」より

まとめると

  • 国民ID:免許証の表・裏コピーや住所情報を含むパスポートコピー
  • 銀行取引明細書:ネット銀行は取引履歴明細証明書、通帳があれば表紙と直近の入出金ページのコピー

が必要です。

Amazonのアカスペ担当者によって違ったり、
審査書類が変わることがあるので注意してください。

一度審査を通れば、
名前や銀行口座などの情報を変更することは可能です。

審査に落ちたら?

アカウント開設の申請は、
閉鎖アカウントの紐付けなどが原因でなければ、
何度でもチャレンジすることができます。
知人で「5回目で審査に通った」という人もいました。

国民IDの証明書類でつまずいている場合、以下項目をチェックしてみましょう。

  • セラーセントラルの名前と身分証明書の氏名が一致しているか
  • 身分証明書が有効期限内か
  • 生年月日が明記されているか
  • スキャンまたはコピーをしているか(私はスマホ写真でもスクショでも通りました)
  • 申請するデータが不鮮明でないか

まとめ

新規出品用アカウントの開設は、
必要なものさえ揃っていればすぐに完了できますが、
アカウント閉鎖後の復活は、注意するポイントがいくつかあり、
場合によっては家族や友人に依頼したりと、
準備に時間がかかる場合もあります。

ある程度売り上げが立ってきたら、
リスクヘッジとして、複数アカウントの運用も
視野にいれていきましょう。