【2商品目以降の参入障壁として】よくみるPSEマークの正体とは?

キッチン

こんにちは、SHUNです。

商品リサーチをされる方からよく聞かれる質問ですが、
「PSEマークってなんですか?取得するのって難しいんですか?」
そう、PSEマークについてです。

PSEマーク

一般的な家庭用の家電の裏側についているので、
見たことがある方も多いと思います。

今回は、このマークにいて、

  • PSEマークって結局なんなの?
  • どんな商品に必要なの?
  • PSEマークが必要な商品はどうすればいいの?

など、そんな疑問にお答えしたいと思います。
今後の商品選定で、もしPSEマークが必要な商品が出てきた場合のためにも、
ぜひ概要を把握していただければ幸いです。

そもそもPSEマークとは?

PSEマークとは【Product+Safety+Electrical appliance & materials】の頭文字で、
電気製品が原因の火災や感電などから消費者を守るために施行された電気用品安全法に基づいています。
日本国内で100Vコンセントに接続して使用する電気製品は、
このPSEマークを付けて販売することが義務付けられています。

ちなみに、該当商品としては以下のような電気製品ですが、
日常生活で使う電化製品については、
ほとんどのケースでにPSEマークが必要です。

  • 電気調理器具
  • 保温器
  • ポット
  • コーヒーメーカー
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 食器洗い乾燥機
  • ドライヤー
  • カーラー
  • アイロン・プレス
  • 洗濯機
  • 換気扇
  • 掃除機
  • エアコン
  • 扇風機
  • 加湿器
  • 電気ストーブ
  • ホットカーペット
  • 電動草刈機
  • 電動工具
  • 電動おもちゃ
  • テレビゲーム機など
  • 蛍光灯
  • 電灯
  • スタンドなどの照明機器
  • テレオ
  • ラジカセ
  • ビデオデッキ
  • DVDプレーヤー
  • テレビ
  • マッサージ器
  • 高周波脱毛機
  • 磁気治療器etc

国内で、国内メーカーが製造・販売している商品を仕入れて、
ネットショップなどで小売店として販売する場合は
すでに国内の製造メーカーが取得しているはずなのでなんの問題もありませんが、
このブログを読んでいただいている方の一番多いパターンであろう、
アリババで工場を見つけて輸入してAmazonで販売する、といった場合は、
PSEマークの取得が必須です。

菱形:特定電気用品

PSEマーク(特定電気用品)

菱形のPSEマークは、特定電気用品に必要なマークで、
高い安全性を求められる電気製品(116品目)です。(2020年2月現在)
一般財団法人電気安全環境研究所(JET)などの
政府に認定された検査機関による認証が必須になります。
例えば、電線や配線器具、変圧器や電熱器具が該当します。

丸型:特定電気用品以外の電気用品(それ以外の電気用品)

PSEマーク

丸型のPSEマークは、特定電気用品に該当しないその他の電気用品(341品目)です。
ACアダプタや電源タップ、電源ケーブルを用いた家電です。
第三者機関による認証は任意で、
外部の検査機関もしくは自主検査が行われています。
Amazonでも問題になっていたモバイルバッテリーは、
この丸型のPSEマークの品目に含まれます。

菱形に比べると、検査基準も緩めで、
自主検査でいいので検査項目数もメーカーによって異なります。

PSEマークはただ申請して、表示するもの

PSEマークは、認証番号があったり、免許があったり、
試験を受けたりするものではありません。

経済産業省に対して、「うちはこういう商品を輸入・販売します」といった、
あくまで、申請して電気用品にマークを表示する、というだけのことです。

PSEマーク無しで販売した場合、どうなるの?

電気用品安全法の規制により、PSEマークのない電気製品の製造・輸入・販売は禁止されています。

PSEマークが必要な商品にも関わらず、販売してしまった場合は、
違反した罰則として、100万円以下の罰金又は1年以下の懲役となるそうです。
大企業による悪質重大な違反などの場合、最高1億円の罰金が科される場合もあるとか。。

完成商品を中国から輸入してAmazonで販売するまでの流れ

PSEマーク申請の届出・手続の流れ

中国製の商品を仕入れようとすると、海外なので電圧などの基準に差があります。
そのため、PSEマークを付けるという工程を含め検品作業をしっかりしておかないと、

  • 充電バッテリーから発火した
  • 調理器具のコンセントから煙が出た

なんて事故が起こってしまい、法律違反による罰金はもちろん、
損害賠償を請求される恐れもあります。

そして先ほどもお伝えしたようにただ申請してマークを表示する、
というそれだけのことなのですが、
意外と時間(1~2ヶ月)と費用(30~50万円)がかかります。

1. どちらのPSEマークが必要かをチェック

電気用品安全法 法令業務実施ガイドというものが経済産業省から公開されているので、
販売したい商品が2種類のうちどっちに該当するのかを調べましょう。

各地域の経済産業局産業部消費経済課製品安全室というところに問合せすることもできます。

2. 中国の工場を選定

菱形PSEマークの場合、検査機関にPSEに適合できる商品を
製造できるかどうかをチェックもらいます。
製造可能であれば、工場や中国の認証機関に適合証明書を発行してもらいます。
インターテックジャパン株式会社のような中国側の検査機関があります。

丸型PSEマークの場合は、不要ですが、
念のためチェックをしてもらうと安心です。

3. 自主検査を行う

届いた商品を検査機関に持ち込んで、PSE適合の自主検査を行い、
検査記録の作成をしてもらいます。
検査記録は3年間保管しなければいけません。

この検査については、1〜2ヶ月くらいかかるので、
2の工場選定や3の自主検査で不合格になった場合、
製造工場や設計自体の再検討となるので、さらに時間がかかります。

例えば丸型のPSEマークの場合、

  • 外観検査
  • 出力電圧
  • 絶縁耐力
  • 通電検査

が主な検査内容です。
あくまでも検査ですので、万が一事故が起こってしまった場合に備え、
PL保険には加入しておきましょう。

また、こちらに国民生活センターが商品テストの実施機関を掲載していますので、
PSEに限らず「この商品、品質チェックはいらないのかな?」
なんて疑問を持った際には、参考にしてください。

4. 最寄りの経済産業局に届け出る

こちらに問合せ先が掲載されてますので、参考にしてください。

5. 実際にPSEマークを商品に表示してもらう

実際に本発注をし、PSEマークを表示してもらいます。
発送の際には、経済産業省が定める検査基準にクリアしているかどうか
くまなく検品をしてもらう必要があります。

中国から仕入れをする際の注意点

アリババで工場リサーチをしていると、
すでに「PSE対応」と書かれている商品を見ることがあります。

実際に購入してみると、
PSEマークのシールが貼られていたり
刻印されていたりします。
しかしながら、PSEとはそもそも日本国内の事業者が
申請をして表示するものですので、
中国の工場や商社がPSEマークに対応している(申請している)
ということはあり得ません。

必ず輸入販売元であるあなたが申請し、表示をする必要があります。

先ほどのAmazonで販売するまでの流れの中で、
「検査機関にPSEに適合できる商品を製造できるかどうかをチェックもらう」
というのがありましたが、
あくまで、PSE該当商品を製造するラインとして適しているか、
というだけの検査です。

実際に輸入して販売する場合は、
当事者であるあなたが自主検査を行い申請をする必要があります。
また通常、PSEマークには販売元の会社ロゴや会社名も
必ず併せて表示されているはずですので、
PSEマークだけではなんの効力もありません。

もし中国の工場から「この商品、もうPSEマークあるよ!」
なんて事を言われたら、あなたを騙そうとしている、
と思ってもらっていいでしょう。

JETマークとは?

PSEマークとJETマーク

時々、PSEマークの横に付いているJETというマークを見たことがあるかもしれません。
これは、先ほども菱形PSEマークの説明の時に出てきましたが
一般財団法人電気安全環境研究所のことで、
PSEの適合性検査をはじめ、JISマーク認証なども行っている信頼度の高い検査機関です。

ただ、国が定める検査基準にクリアしていれば問題ないので、
JETである必要はありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

結構、内容がボリューミーになってしまったので、
「PSEマークが必要な商品をやろうと思っていたけど、やっぱりやめよう」
と思った方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、面倒臭いからこそ美味しい商品に化けるわけなので、
この記事読んだだけでシャッターを下ろさずに、
ぜひ、真っ向勝負で商品リサーチしてみてください。

結局のところ、コンセントが必要な家電製品にかんしては、
PSEマークが必ずいるということなのですが、
申請するためにお金も時間もかかるので、
1商品目はさっさと成功体験を作って、
2商品目で、PSEマークなどの参入障壁が高めのアイテムを扱ってみる、
というのもありだと思います。

またPSEの自主検査について不明な点があれば、
専門のコンサルティング会社さんもありますので、
一度調べてみることをオススメします。