【同じ土俵で戦うために】アマゾンへの通報ルート4パターン

こんにちは、一ノ瀬です。

タイトルからして「通報って何を?」
という方も多いかもしれません。

Amazonでいう「通報」とは?

ライバルセラーの規約違反行為をAmazonにお知らせする
という意味合いがあります。

私が実際に通報した時の状況としてライバルセラーが、

  • 商品とは関係のない、ベストセラーを取りやすいブラウズノードにしていた
  • 規約に反するメイン画像に設定していた
  • 商品を大量に買って保留状態にするなど、明らかな営業妨害に当たる嫌がらせ
  • レビュー操作をしていた

などがあります。

中には、通報したところで証拠がないからどうしようもない、
という返事の時もありますが
違う入り口から違った切り口で何度も通報することにより、
少しずつAmazonの運営側も動いてくれることがあるので、
通報するに値する行為を目にした場合は、
諦めずに何度もし続けましょう。

通報パターン4つ

1. セラーセントラルのテクニカルサポートから

セラーセントラルのトップ画面を下にスクロールすると
サポートを受けるがあるのでそこをクリックし進みます。

「ガイドライン、規約違反」から、
「ガイドラインおよび規約違反の報告」を選択、
質問の内容などの項目を入力し、
送信します。

2. 商品カタログ内の【不正確な製品情報を報告】から

通常、商品カタログの商品説明のすぐ下にあります。

該当する項目を選択肢します。

3. メールで(商品レビュー通報)

以下のメールアドレス宛に通報することができます。
community-help@amazon.co.jp

記載する内容は上記の1や2の内容と同じで問題ありません。

4. 電話で

Amazonのテクニカルサポートは
011-330-3000です。

ガイダンスで登録しているメールアドレスや
店舗名、銀行口座などを答えて
担当部署に繋いでもらいます。

まとめ

まとめでお伝えすることではないかもしれませんが、
どんな通報方法でもコツがあります。

1.  Amazonの出品規約をコピペして使う

例えば、

「このトップ画像は、
『すべての商品カテゴリーでのメイン画像の
上部または背景に、テキスト、ロゴ、縁取り、
カラーブロック、透かし、その他のグラフィックが配置されている画像』
に該当するため商品画像のガイドラインに反しています」

というように、実際にどこがダメなのかという根拠を
Amazonの出品規約にそって説明することで、
担当者の心を動かしやすくなります。

2. 購入者のための通報

ただただ「自分の商品が売れなくなる」
なんて駄々こねてもなんの意味もありません。

Amazonは「顧客至上主義」と言ってるくらいなので、
例えば
「ユーザーが誤解して購入してしまう可能性がある」など
購入者のために通報しています
という伝え方をすることで、
説得力がある通報になります。

3. 諦めない

そうです、諦めないことです。

内容にもよりますが
1回目の通報で、
Amazonが対応してくれることなどほとんどない、
と覚えておいてください。

特に、テクニカルサポートのスタッフは、
アルバイトで働いている方がほとんどなので、
知識レベルにも大きな差があるようです

毎日、違う方法で、継続して通報する
それがAmazon担当者を動かす鍵です。

せどりビジネス