【ボディーブローのようにジワジワくる】FBA在庫保管手数料とは?!

こんにちは、SHUNです。

この記事では、FBAの配送代行を利用すると
必ずかかってくる在庫保管手数料についてお伝えします。
「FBA在庫保管手数料」としてクレジットカードに請求がきたりする訳ではないので、
支払っている実感はほとんどない経費です。

Amazonの倉庫に預けている商品のサイズに応じて、
少額ながらジワジワとボディーブローのように利益を圧迫してきますので、
しっかりと把握しておく必要があります。

FBA在庫保管手数料とは?

Amazonフルフィルメントセンターにてお預かりしているすべてのFBA商品に、商品サイズの立方メートルで計算された日割りの在庫保管手数料が月単位で発生します。在庫保管手数料は、フルフィルメントby Amazonプログラムポリシーに従って梱包され、出荷が可能な状態にある商品のサイズで計算されます。梱包された商品のサイズ(立方メートル)や重さの計算方法、または使用されるサンプルについてはAmazonが独自に規定する権利を有します。Amazonの計測結果と出品者からの情報が一致しない場合は、Amazonの計測方法に準拠するものとします。

Amazon「在庫保管手数料」より(2019年11月14日現在)

つまり、Amazonに発送代行を依頼している商品に関しては、
1日で売れたとしても、
保管してもらうための料金が発生するということになります。

在庫保管手数料の計算

1~9月と10~12月で異なる月額保管手数料が適用されます。

期間 小型/標準 大型商品
在庫保管手数料 1月~9月 5.160 円

x ([商品サイズ(cm3)]/(10cmx10cmx10cm)

x [保管日数]/[当月の日数]

4.370円

x ([商品サイズ(cm3)]/(10cmx10cmx10cm)

x [保管日数]/[当月の日数]

10月~12月 9.170円

x ([商品サイズ(cm3)]/(10cmx10cmx10cm)

x [保管日数]/[当月の日数]

7.760 円

x ([商品サイズ(cm3)]/(10cmx10cmx10cm)

x [保管日数]/[当月の日数]

Amazon「在庫保管手数料」より(2019年11月14日現在)

そして、
商品サイズが大きくなればなるほど、
売れずに保管期間が長ければ長いほど、
どんどん塵も積もれば山となる状態となります。

私が過去に取り扱った商品で
保管手数料が一番高いもので、718円でした。

Amazon在庫保管手数料

1日売れなかったら778円÷30日≒26円かかるという計算になります。
1個の利益が5000円くらいあったので問題なかったのですが、
大型サイズの単価が低い商品だと十分に注意が必要です。

正確に把握するには?

一番オススメの方法は、FBA料金シュミレーターを利用することです。
ちなみに以下の商品であれば、月間保管手数料は17円ということになります。


以前、こちらの記事で「Amazon FBA Calculator Widget」
というツールをご紹介しましたが、それを使えばさらに便利になります。

どのように支払う?

在庫保管手数料は通常、毎月7日から15日の間に前月分が請求されます。たとえば、1月の在庫保管手数料を確認するには、2月7日から15日のトランザクションを含む2月度のペイメントレポートを参照してください。

Amazon「在庫保管手数料」より(2019年11月14日現在)

料金を銀行振込したりすることはありません、
販売した売上金から差し引かれますので、
特にすることはありません。

そのため、気づきにくいことが多いので、
「この商品、そんなに保管手数料がかかってるの?!」
なんてことがないように、随時チェックしましょう。

在庫レポートをダウンロードしてみよう!

実際にどのくらいの在庫保管手数料が差し引かれたかは、
以下の手順でセラーセントラルからチェックできます。

1. レポート→フルフィルメント

2. 左タブ→支払い/ペイメント

「在庫保管手数料レポート(月次)」を選択し、
次のページで任意の期間のレポートをダウンロードします。

FBA長期在庫保管手数料とは?

FBA長期在庫保管手数料

2019年8月15日以降、フルフィルメント by Amazon(FBA)では毎月15日に在庫一掃チェックを実施します。在庫一掃チェック実施日に日本のフルフィルメントセンターでの保管期間が365日を超えた在庫については、長期在庫保管手数料(10cm × 10cm × 10cmあたり17.773円)が請求されます。

 
在庫一掃チェック実施日 フルフィルメントセンターに365日を超えて保管されている商品
月1回(毎月15日) 17.773円(10cm × 10cm × 10cmあたり)

1ユニットあたりの最低長期在庫保管手数料

2019年8月15日以降、フルフィルメントセンターでの保管期間が365日を超えた在庫は、商品1点あたり月額10円の最低手数料の対象になります。長期在庫保管手数料または最低手数料のいずれか大きい方が適用されます。

在庫一掃チェック実施日 フルフィルメントセンターに365日以上保管されている商品
毎月15日 商品1点あたり最低10円

Amazon「FBA長期在庫保管手数料」より(2019年11月14日現在)

中国輸入をやっていて365日以上売れていない、
なんてことはほぼないと思いますが、
せどりや型番商品を大量に扱っていたりすると、
商品が埋もれに埋もれてしまうので注意が必要ですね。
(それ以前の問題な気はしますが。。)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
意識的に支払うことがない手数料ですので、
意外とこの手数料の存在を知らないセラーさんも多いのです。

中国輸入は高回転商品の販売が魅力なので、
半年売れない、なんて商品は問題外ですが、
心当たりのある方は早めにご相談ください。