【必須項目はこの4つだけ】商品リサーチ選定の基準

こんにちは、一ノ瀬です。

この記事では、商品リサーチをしていただく際に、
必ずチェックいただく必須4項目についてお伝えします。

メルマガなどでもお伝えしていますが、
この中国輸入ビジネスは
どれだけ精度の高い商品リサーチをするかが、
あなたが今後成功するかどうかの分岐点と言えます。

アタリ商品であれば、長期的に継続して
あなたに利益をもたらしてくれます。
一方、ハズレ商品であれば
あなたの大切なお金だけでなく、
時間や心の豊かさまで奪っていってしまいます。

アタリ商品さえ選んでしまえば、
あとはこのステップにそって
販売まで進めるのみです。

この記事の内容は、
商品リサーチの際には
私がコンサル生の方に必ずお願いしている項目です。
ご自身で商品選定をされる際は、
ぜひ参考にしてみてください。

中国輸入の商品リサーチの際に
気をつけていただきたいステップですが、

①Amazonでの市場規模をリサーチ
                  ↓
②中国の工場をリサーチ
                  ↓
③利益率チェック
                  ↓
④ベンチマーク商品との差別化

基本的には上記のような流れをオススメしています。
一番手間がかかるのは、
ステップ①の「Amazonでの市場規模をリサーチ」です。

1. 概算利益率

商品原価、輸入送料、関税、アマゾン販売手数料、
FBA手数料などを加味し、
基本的には30%以上、できれば35%は確保しましょう。
(利益計算表はこちらからダウンロードできます)

価格戦略はもちろんですが、
販売スタート直後はスポンサープロダクト(Amazon広告)を活用しますので、
その広告費も含めると30%未満だとペイ(資金回収)するまでに、
時間がかかり資金繰りが厳しくなります。

ただ、以下のような理由があればチャレンジするのもありです。
・ライバルに対して明確に勝てるポイントがあっての30%未満
・単価が高いため利益額が大きい
・1商品目の練習として早めにチャレンジし、成功体験を作る

2. 概算月利額

利益率と月間販売数が把握できていれば、
おおよその月商・月利は導き出せます。

月間販売数は、
その商品ジャンルで一番売れているライバルセラー
を必ずベンチマーク(指標)にするようにしましょう。
1位には1位なりの売れている理由が必ずあるはずです。

ある程度の商品選定ができたら、
ライバル商品を購入してみて、
なぜその商品が1位なのかを研究していきましょう。

販売数は多くないけれど高単価な商品であれば、
利益率30%に達していなくても、
労力に見合うリターンを得られることがあります。

また、
「どのくらいのシェアを奪えるか分からないので
どのくらいの月利になるか分からない」という質問には、
以下のようにお伝えしています。

チャットワークのスクリーンショット

3. なぜその商品を選んだか

ピックアップした商品のレビューを研究して、
どこをどう改良するかを考えましょう。
Amazonだけでなく他のモールでの評価も参考になります。

ライバルセラーのベンチマーク商品に対して、
あなたの商品ではどのような差別化をするのか、
どのような戦略・見せ方をして参入をするのか
という部分をしっかり考えていきましょう。

ベンチマークセラーは先行者利益があるので、
後発者として「ライバルを上回れる市場価値」を付けて
市場にチャレンジする必要があります。
「その商品で本当に対抗できるのか」をしっかり確認しましょう。

4. 概算初回発注金額

こちらの記事にもありますが、
初回発注数量はベンチマーク(競合商品)の
1.5〜2ヶ月分の販売数の在庫をオススメしています。

特に、1商品目に関しては、
十分にご自身の資金力を把握した上での発注が必要です。
ビジネスに使える資金の30~40%くらいを目安に
発注することをオススメしています。

まとめ

以上、商品選定をする際にチェックしていただきたい
4ポイントについてお伝えしました。
このポイントについては、ご自身で進める際も
必ずチェックするようにしてください。

商品選定の際の必須4項目
1. 利益率
2. 月利額
3. なぜその商品を選んだか
4. 初回発注金額

せどりビジネス