【情報発信の第一歩】自分の発信メディア、ブログを作ろう!

こんにちは、SHUNです。

以前の記事では、
「情報発信は当たり前の時代だよ、目先のキャッシュに心を奪われないで、
将来のジワジワドカンのためにコツコツ頑張ってみたら?
そんな話をしました。

ブログをコツコツと作り上げていくということの重要性ついては、
なんとなくでもご理解いただけたと思いますので、
ここではどのようにブログを構築していくのか、
ということについてお伝えしたいと思います。

ワードプレス

ブログといえば、アメーバやライブドア、FC2など
いろいろなブログを聞いたことがあると思います。
それらは基本的に無料で簡単にアカウントを作成できブログを書くことができます。
しかしながら、サービスが終了したり何かしらの理由で
ブログアカウントが削除されてしまった場合、
書き溜めた記事はすべて消え、時間も労力も水の泡、
セールスなんてできる状態ではなくなります。

ですので、情報発信をメインとして稼いでいくのであれば、
無料のものではなく、必ず有料のブログを初めから構築していってください。
知名度のある無料ブログを使ったところで、最初はどうせ読者なんていませんから、
売り上げが発生するまでの時間はそこまで変わりません。

「有料といっても、何を使えばいいの?」というところで、
そこで出てくるのが「ワードプレス」というホームページ作成ソフトのことです。
機能性や自由度も高いのでとても人気があり、
大企業でもワードプレスでホームページを構築していたりします。
ワードプレスという機能自体は無料なのですが、
お金がかかってくるのが、

  • ドメイン(SHUNのブログであれば、「my-oem-lab」)
  • サーバー(記事や動画、画像などのデータを保存して置く場所)

の2つです。
有料といっても、安ければ年間1〜2万円程度ですので、
初期投資として割り切り、ブログ構築していきましょう。

ドメイン

先ほどもお伝えしましたが、
ドメインとはURLでいうhttp://www.〇〇〇〇.com/の〇〇〇〇の部分です。
ドメイン取得サービスはいろいろありますが、
私が使っているのスタードメインです。

格安で最低限のサービスは使用可能なのでオススメです。
初心者の方でも、簡単に取得できます。

サーバー

次にデータを格納しておくサーバーですが、
セキュリティ面などを考えると、
私も使っているエックスサーバーが一番オススメです。

エックスサーバーではドメインプレゼントキャンペーンをやっていることもあるので、
ぜひドメイン契約をする前に、チェックしてみてください。

ドメインとサーバーを紐付ける

1. サーバーパネルから「ドメイン設定」をクリックします

2. 「ドメイン設定追加」タブで取得したドメインを入力し、「確認画面」をクリックします

次の画面で「追加する」をクリックすれば、紐付け完了です。

エックスサーバーを使ったワードプレスのインストール方法

ワードプレスのインストール方法ですが、
この記事では、データベースを自動生成する簡単な方法をご紹介しますが、
ご自身でデータベースを用意する場合は、
事前にMySQLの設定より準備しておいてください。

1. サーバーパネルから「WordPress簡単インストール」をクリックします

2. 「WordPressインストール」タブから必要な情報を入力し、
「確認画面へ進む」をクリックします

「キャッシュ自動削除」と「データベース」はそのままの選択で問題ありません。
次の画面で「インストールする」を入力すれば完了です。
表示された「管理画面URL」からログインが可能になります。

最後に、ログイン画面から左上のブログタイトル部分をクリックしたら、

以下のような真っ新なページが表示されれば、
無事、ワードプレスがインストールされました。

ワードプレスのテーマについて

まずは無料のテンプレートを「外観」からチェックみてください。

いくつかのテンプレートはすでに無料で使えるようになっています。

しかしながら、見栄えやSEOを考えると
初めから有料のものをインストールすることをお勧めします。

私が使っているのは、ALBATROS(アルバトロス)というテーマです。
シンプルが大好きな私からすると、使い勝手はかなり良いです。
価格も¥7,980(税込)でそこまで高くないので、
これから情報発信するという方にもオススメです。

テンプレートは他にもたくさんあるので、
ご自身にぴったりのテーマを探してみてください。

Google Search Consoleへの登録

Google Search Consoleは、以前はウェブマスターツールと呼ばれていました。
このツールの機能としては、

  1. Googleにブログのコンテンツを認識してもらい、検索結果に表示させる
  2. SEOに悪影響を及ぼしているページエラーやペナルティを見つけ、SEOを改善させる

といったものがあります。
Googleで検索された際の検索順位に大きく関わってくるので、
必ず登録しておきましょう。

1. Googleアカウントを取得します

すでにGoogleアカウントを持っている方は作成不要ですね。

2. サーチコンソールの登録画面を開きます

「今すぐ開始」からご自身のGoogleアカウントを次の画面で入力します。

3. 「ドメイン」を選択し、ご自身のドメインを入力します

ワードプレスによるブログの場合は、左の「ドメイン」を選択します。
私のブログであれば「my-oem-lab.com」と入力することになります。
「https://」や「http://」は不要です。

4. DNSレコードによるドメイン所有者の確認

入力したドメインが本当にあなたのものであるかを証明する作業です。
ここではエックスサーバーを使っていると仮定してご説明します。
ドメインを入力して続行すると、以下のような画面がポップアップで表示されます。

5. エックスサーバーのサーバーパネルにログイン、「DNSレコード設定」をクリック

6. ドメイン選択画面の中から指定するドメイン名を選択します

  1. DNSレコード追加のタブを選択
  2. 「TXT」を選択
  3. 先ほどの「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」のポップアップで表示された
    長い文字列を貼り付け

ホスト名は空欄、優先度は0で問題ありません。
これで、DNSレコード設定は完了です。

7. 先ほどのGoogle Search Consoleの画面に戻り、「確認」をクリック

以下のような画面が表示されれば、設定は完了です。

DNSレコードが反映されるのに時間がかかっていて
「数分お待ちください」と表示される場合があります。
その場合は、しばらくたって「確認を続ける」をクリックしてください。

Google Analyticsへの登録

Googleアナリティクスは、どのページどのくらいのアクセス数があるのか、
どの時間帯が一番多いのか、など分析の際にとても役に立つツールですので、
こちらも必ず設定しておきましょう。

1. Google マーケティング プラットフォームにログインします

すでにGoogleアカウントは取得しているはずなので、ログインしてください

2. 「アナリティクス」を選択、「お申し込み」をクリックします

3. 必要事項を入力します

アカウント名はブログ名や会社名など管理しやすい名前を入力しましょう。
あとで変更することも可能です。

「ウェブ」を選択します。

「プロパティの詳細」では、以下のように情報を入力します。
誤入力することはないと思いますが、
「ウェブサイトのURL」でのURLの末尾のスラッシュは入力しないようにしましょう。

4. トラッキングIDをコピーし、ブログのソース内に貼り付けます

最後に、トラッキングIDが発行されるので、
あなたのブログにトラッキングコードを設置します。

ワードプレスに戻り、「外観」から「テーマエディター」を開きます。

右側から「テーマヘッダー(header.php)」を開き、
表示されたソースコードの中から〈/head〉タグを見つけたら、
そのタグの直前に、先ほどコピーしたトラッキングコードを貼り付けます。

「ファイルを更新」をクリックしたら、Google Analyticsの導入は完了です。

まとめ

いかがでしたか?
意外と簡単でしょう?

毎日この作業をやるとなったらかなり面倒ですが、
一度作ってしまえば、あとはコンテンツを更新していくだけなので、
頑張ってあなただけの発信メディアを構築してください。

ちなみに、ワードプレスにはプラグインという
Google Chromeでいう拡張子のようなものを導入できます。

無料のものもあれば有料のものもありますが、
かなりの数あります(笑)
導入すれば、記事の冒頭にこんな目次のようなものを表示できたり、

こんな会話調にできる吹き出しを作れたりします。

何でもかんでも付けすぎると逆に読みにくい記事になってしまうので、
読みやすいブログを見つけて、
特徴を真似しながらプラグインを楽しんでみてくださいね。