【さぁ、舞台は整った!】あなたはどんな不動産物件を建てますか?

こんにちは、SHUNです。

「あなたはどんな不動産物件を建てますか?」という記事タイトルになっていますが、
不動産投資の話ではありません(笑)

この記事では、あなたがご自身のメディアで情報発信をしていく上で、
どんなことに注意しながら進めていけばいいのか、
というポイントについてお伝えしたいと思います。

AmebaブログやFC2ブログのように無料のブログではなく、
ワードプレスを設置してご自身の資産として
これから有益な情報を発信していくわけですので、
3日や4日で作り上げられる話ではありません。

言わば、将来的に高額な売り上げを作ってくれる
不動産物件を構築しようとしているようなものですよね?
そんなものを数日で作れたら、誰も苦労しないでしょう?(笑)

だからと言って、ショートカットは考えないでくださいね。
一時的な効果はあるかもしれませんが、長い目で見るとほとんど意味ありません。

以下の記事でも、情報発信するための準備編として、
ワードプレスの構築やマネタイズの方法について説明をしていますので、
あわせてチェックしておいてください。

ブログのコンセプトを決めよう!

あなたはこれからブログを通して発信し、
情報発信ビジネスをしていくわけですが、
まず初めに決めていただきたいのは、
ブログを通してどのような情報を発信していくか、
つまり「コンセプト」を決めましょう、ということです。

何かしらのジャンルに特化した内容でなければ、
安定して読者を集めることは不可能です。
また、もしあなたと同じようなコンセプトで情報発信者がいる場合、
明確な「差別化」が重要になってきます。

私のように「中国輸入×Amazon物販」を実践しているのであれば
それに特化できますし、
「FX」に長けているのであれば、そこに特化できます。
逆に、いろんなジャンルを集めたブログ(せどり、欧米輸入、仮想通貨etc)を作ってしまっては、
専門性がないため読者はすぐに離れてしまうので、
あれもこれもやらずに必ず厳選します。

また、ブログといっても、あなたの普段の日常をただただ記事にしても、
読む人は誰もいません(笑)
趣味でブログ書くのであればそれでもいいですが、お金は発生しません。

そんな内容で読者に興味を持ってもらえるのは、
メディア露出の高い著名人だけですので、
必ず、何かに特化した情報ブログにしなければいけません。

ひたすら教科書ブログを作っても飽きられてしまいますので、
私が記事の終盤で「追伸」としてやっているように、
少しあなたの人間性がちらっと見える程度の日記を書くと、
親近感を持ってもらいやすくなります。

実際の記事はこちらです。

ブログのターゲットを決めよう!

ブログのコンセプトを決めたところで、
次に「どんな人があなたのブログを見に来るのか」
というのを明確にしてみましょう。

ブログのコンセプトと同じく、
誰にでも当てはまるようなブログを書いてはいけません。
マーケティング用語ではペルソナといわれたりますが、
仮想の人物像を決めておくということですね。

  • 給料が一向に上がらない平社員のサラリーマン
  • こっそりお小遣い稼ぎをしたい子育て中の主婦
  • ネットビジネスに興味を持ち始めた大学生

すべての人に伝わる、もしくは納得させられるようなブログ記事を書こうとすると、
誰にも伝わらない、誰にも嫌われることはないけれど、
同時に誰からも好かれないブログになってしまいます。

必ず、「誰のためのどんなブログなのか」をはっきりさせましょう。

  • 性別(男性 or 女性etc?)
  • 年齢層(10代、20代、30代etc?)
  • 職業(学生、主婦、会社員、自営業etc?)
  • 所得層(年収〇〇万円以上etc?)
  • 趣味(DIY、車、ゴルフ、写真etc?)

などなど、細かく目指すターゲットを書き出してみましょう。

「あなたの記事なんてどうでもいい質の悪い10人」よりも、
「ずっとあなたのファンでいてくれる1人」のほうが、
長い目で見ると情報発信ビジネスで成功しやすいと覚えておいてください。

ハンドルネームを決めよう!

ブログのコンセプトとターゲットが決まったら、
あなたのオンライン上での名前を決めましょう。

気をつけなければいけない3つのポイントです。

1. 覚えやすい名前

覚えやすい名前といっても「太郎」とか「花子」など、ありきたり過ぎて覚えられません。
検索された時に、埋もれて見つけてもらうことも難しいのでオススメしません。

2. ふざけた名前はNG

「うんこ」や「〇〇48」など、一つのビジネスとして情報発信をしていく上で、
常識的に相応しいものとそうでないものはしっかり区別してしましょう。

3. できれば本名(ニックネームなど)

本名で情報を発信していくというのが、一番信頼を得られるでしょう。
ただ、副業を禁じられていたり、何かしらの理由で本名を公開できない人はいると思いますので、
本名に近いハンドルネームを考えてみましょう。

どんな名前でもいえることですが、
名前は決めたら極力変えないようにしましょう。
名前を変えることで、信頼度が一気に落ちてしまいます。

プロフィール画像を作ろう!

あなたのネット上のハンドルネームが決まったら、
次はブログの顔になるプロフィール画像を設定しましょう。

プロフィールページであなた自身について書くことは可能ですが、
文字だけでは伝わる内容も限界あります。
情報発信者は腐る程いて、読者の記憶に少しでも爪痕を残すためにも
プロフィール画像を使いましょう。

ポイントは一つ、できる限りあなた自身の顔写真を掲載することです。

顔写真を使っている発信者はあまりいないので、それだけでも差別化になります。
ただ、「自分の顔を公開するのは抵抗がある…」という人も多いと思いますので、
遠目で撮った写真やサングラスを使って撮影するのも一つの方法です。
僕もそうしてます(笑)

本人の顔写真といっても、変顔したりあまりにも人相の悪い写真を使ってしまっては、
ブログ自体の価値低下にも繋がりますので、注意してください。

ご自身の写真は難しいけれど、どうしても掲載したいという場合は、
ココナラなどに似顔絵を描いてくれるサービスもありますので、ぜひ活用してみてください。
「似顔絵 画像」「似顔絵 イラスト」などで検索してみてください。

プロフィール記事を書こう!

あなたのブログの中で一番読まれることになる記事はなんだと思いますか?
ずばり、あなたのプロフィールページです。

  • どんな人なのか?
  • どこに住んでいるのか?
  • どんな人生を歩んできたのか?
  • 今何をしている人なのか?
  • どんなライフスタイルを送る人物なのか?

読者は非常に興味があります。
あなたは、将来的に読者に商品やサービスを販売していくことになりますが、
あなたという人物を知ってもらうことができなければ、
読者からの信用を得ることもできず、
セールスする機会すらも与えてはもらえないでしょう。

ですので、プロフィール記事では、個人情報を曝け出す必要はありませんが、
可能な限り具体的に「あなたはどんな人なのか」を説明するようにしましょう。

信用を得やすい、よくある例として野菜売り場のPOPがあります。
「私が作りました」といって写真を掲載することで、
お客さんが安心して買いやすくしていますよね。

プロフィールページはブログでも読者が見つけやすい部分に設置しておくようにしましょう。

とにかく記事を書こう!

とにかく記事数を増やす!

ワードプレスを立ち上げた直後は、
1記事書いたからといって、ブログとしてはほとんど集客はできません。
GoogleやYahoo!で検索した際に、読者に対して入り口が一つしかないからです。
100記事書けば、100個の入り口を作ったことになります。

ですので、スタートした直後はとにかく記事を量産していきましょう。
超ハイクオリティを求める必要はありませんが、
最低限の価値提供ができる内容にしてくださいね。

どのくらいのペースで記事を書けばいいのか?

ブログを開設したばかりの段階では、まずは記事を量産することになりますが、
記事数が多ければ多いほど、検索エンジンからの読者の流入も増え、
回遊し、ブログでの滞在時間も長くなり、SEO順位も上がっていきます。

1日に1記事くらいの勢いで更新していただきたいですが、慣れるまでには時間がかかりますので、
3日1記事くらいを平均ペースとしてコツコツと更新していきましょう。
記事数が少ない頃は、読者も来ては一瞬で去り、というのを繰り返しますが、
記事が増えてくるにつれて、価値を見出してくれる読者が少しずつ増えていきます。

ブログの内容が充実し、リピート読者が増えてくれば
毎日のように記事を更新する必要もなくなってきますので、
それまではがむしゃらに頑張りましょう。

一つ注意していただきたいのは、1日に複数の記事を更新しても、読者がついてこれなくなります。
記事のクオリティと更新ペースを保って、定期的にブログアップをしていってください。

どんな記事を更新すればいいのか?

先ほどもお伝えしましたが、ただただあなたの日常を公の場で晒しても、
よほどの著名人でない限り、無価値だと思って誰も興味は持ってくれません。

あなたが考え抜いたブログのコンセプトとターゲットに基づいていれば
「どのようなトピックに興味を持っているのか」というのを見つけるのは容易なはずです。
その分野の専門家として、記事をブックマークしたくなるような記事を目指しましょう。

1. 最新情報

例えば、あなたがAmazon物販の専門家として発信するのであれば、

  • Amazonの規約変更がありました
  • 新しい在庫追跡ツールが出ました
  • 中国人セラーの新しい動き

などなど、ネットビジネス関連で情報発信するのであれば、
日々状況の変化が激しい業界なので、
更新できるネタはどんどんブログにアップしていきましょう。

2. 小手先のノウハウ・テクニック

小手先のスキルは、初心者でも実践しやすいため、一番読者が食いつきやすいトピックです。
特に、読者が安定的に訪問する環境ができるまでは、
出し惜しみせずにどんどん記事で出し尽くします。

あなたが読んだ本の書評や、ツール、物販関連であれば
資金作りや仕入れ先などもネタになるでしょうし、
目に見えないあなたが普段考えるマインドセットの部分についても言語化していきましょう。

それに興味を示してくれる読者は、質の高い読者、
つまりあなたのファンになってくれる可能性が高い読者であると言えます。

3. 自身の体験談

ブログではあなたが専門家として得たものをアウトプットしているはずですので、
実践し、上手くいったこと、失敗してしまったことなどを記事にしていきます。
これについては、あなたが実践していれば必ずネタは自然と生まれますので、
記事を更新する内容に困ることはほぼあり得ません。

もしネタが見つからなければ、あなた自身が実践できていないか、
ブログ更新に対する意識がまだまだ低いのかもしれません。

4. プライベートネタ

先ほどもお伝えしましたが、あなたがよほどの有名人でない限り、
日常で埋め尽くされた日記ブログに興味を持ってもらえる可能性はかなり低いです。
ただ、記事の一部としてプライベートをチラつかせるのは、
親近感を持ってもらいやすいので、問合せをもらったり、
メルマガ登録をしてもらったりしやすくなるので、
適度にあなたの日常を挟んでいくと良いです。

また、非日常的かつ憧れをもってもらうような内容は、
写真を使うことで、プロフィール画像と同じで信頼度がアップしますので、
可能な限り写真を活用して、リアルさを増したブログを更新していきましょう。

どのくらいの長さの記事を書けばいいのか?

正解はありませんが、目安としては1,000文字以上の記事は書くように心がけましょう。

最初は慣れるまでに時間がかかって難しいと思いますので、
数日に分けてコツコツ書いていきましょう。
あまり短すぎても検索エンジンに反映されにくく、読者も価値を感じにくいブログになってしまいます。
文字数に比例して稼ぐ金額も増えてくる傾向にあるので、
焦らず、最低1,000文字を基準に記事を更新していってください。

ブログ記事のおおまかな構成を捉えよう!

まず、ブログを書くという目的ですが、
それはメルマガ登録をしてもらったり、
アフィリエイトリンクをクリックしてもらうなどがありますが、
記事を読んですぐにブログから立ち去ってしまわれては、報酬は当然ながら1円も発生しません。

反応率の高い記事というのは、大体構成が決まっていていますので、
それをまずは理解するようにしましょう。

1. What(主張・結論)

2. Why(理由・根拠付け)

3. How(どのように)

初期ステップで、読者に結論を伝えましょう。

「脱サラしたいならAmazon物販をやるべき5つの理由」といったように記事タイトルにしてしまってもいいでしょう。
終盤でメインテーマにたどり着いても、
グダグダになってしまって、読者が途中で飽きてしまいます。

それよりも2番目の「Why」をできる限り詳細に伝えるほうが読者の興味を引きます。
「Amazon物販やりましょう」とシンプルに言われても、
始めようと思う人はほとんどいないでしょう。

理由がなければ納得できませんし、納得できなければ行動できません。
そこで読者に伝えたいのが「なぜ始めたほうがいいのか?」ということです。
「脱サラしたいなら、Amazon物販やりましょう!なぜなら…」

また、根拠は1つではなく可能な限り多く伝えましょう。
多ければ多いほど、「確かに!」と納得してくれる可能性を高めることができます。

最後に「How(どのように)」の部分です。
実際に販売を始めるためのAmazonの出品用アカウントを作成する、
そのための出店登録のリンクを貼り付けてあげるなど、
読者が具体的にどのような行動を取ればいいのかを示しましょう。

メルマガ登録を促すのであれば登録フォームを、
自己啓発の本を紹介するのであれば、購入先に飛べるアフィリエイトリンクなどを必ず設置します。

不透明さ、不安さ、不明確さなどを、少しでも感じてしまった読者は
行動を起こさずに去ってしまう可能性が高くなってしまいますので、
あなたが経験者として、考えられる不安や心配を事前に取り除いてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?

一言で「ブログを作る」といっても、やることはかなりあります(笑)
前述した通り、資産構築なので一朝一夕で完成するものでもありませんし、
そもそも完成なんてありません。

コツコツと読者に対して価値提供をしていくことで
少しずつブログが検索エンジンに認められ、
そしてあなたという人物が読者に認知されるようになってきます。

結果を出したいがために、あまりにも短期間で一気にやろうとすると、
ほぼ必ずと言っていいほど、心が折れます(笑)

情報発信のみならず、ビジネスは継続していくことに意味がありますので、
周りの情報発信者と比較せず、あなた自身の資産構築を進めてみてくださいね。