中国輸入×Amazon物販での商品リサーチ・選定方法のまとめ

「商品リサーチって、結局どうやってすればいいんだ!!!」
めちゃめちゃ気持ちわかりますよ(笑) 実際に、商品リサーチで悩むクライアントさんは多いです。なんせ、「どんな商品をやるか」が、物販で成功するか失敗するかの分かれ目ですからね…

インターネットが普及し、どんな人でも、中国から仕入れてAmazonで販売できるような時代ですが、逆に候補となる商品がありすぎて、どんな商品を販売すればいいのかが分からないという状況だと思います。

中には、最初からリサーチセンスがあって美味しい商品をすぐに見つけてしまう方もいますが、ほとんどの方はこの「宝探し」的作業でつまずきます。

残念なことに、途中で挫折していく方もいますが、コツコツ諦めずにリサーチスキルを磨いていけば、資産価値の高い商品を必ず見つけることができるようになります。

もし、あなたが長期的に継続して販売できる商品を探しているのであれば、ぜひこのページを読み込んで、商品リサーチに対するマインドセットをインストールしてください。

「お宝見っけ」「この商品はヤバイな、危ない危ない」と発注前に気付くことができるようになるでしょう。

記事のタイトルは「中国輸入×Amazon物販」になっていますが、少なくとも物販ビジネス全般的に言えることかなと思います。

多くの人が商品リサーチで悩んでいる理由

商品リサーチの際に、「量」より「質」を求めてしまう人が多い印象があります。

よくいただく質問で、「初心者が中国輸入をやる上で、どんなジャンルを選択したらいいのでしょうか?」というのがありますが、「最短距離で稼ぎたい!近道教えて!」という心理が見え隠れしている質問なのが分かります(笑)

もちろん、それに対する答えはありませんし、もし商品リサーチに近道があれば、全セラーがその近道を使って特定の商品に群がります。

先ほどもお伝えした通り、商品リサーチは宝探しに近いので、コツコツと1商品ずつ見ていくしか方法はありません。

中国輸入ビジネス×Amazon物販における大原則

商品リサーチ・選定方法の前にこれは必ず理解しておいていただきたいです。

大原則:すでに儲かっている商品を見つけて、真似て上回る

それは「すでに儲かっている商品を見つけて、真似て上回る」です、どこまでいってもこれは外せません。

「中国輸入ビジネスを始めようと思っています」という方とお話させていただくと、

  • 「これからこれ売れると思うんですが、どう思われますか?」
  • 「私が考えたこの商品を、やっと販売できる時が来ました」

といったような、ドキっとすることを言う方がいます。

腐る程、時間も資金も余っていて、「まぁ、趣味程度だから、気持ち売れてくれればいいよ」くらいのノリであれば、やってもらうのは一向に構いません。

でも、このブログを見ていただいている方は、「しっかりと利益を出して稼ぎたい!」という方がほとんどだと思います。

Amazonでネットショッピングをしたことがある方であれば、かなりの数の商品が販売されているのはお分かりだと思います。

その中には

  • どんな商品が売れているのか
  • その商品を売ればいくら稼げるのか
  • 既存の商品に対して、ユーザーは何がもっと欲しかったのか

というような成功のヒントが無限に隠れているのに、「あえてそのヒントを無視して新しいことをやるメリットはなんなのか?」とうことです。

そして、この大原則を忘れてしまうと、

  • 徹底的な価格戦略
  • 最先端のSEOノウハウ
  • 数万個の商品レビュー
  • 多額の広告掲載

をやったとしても、売れない可能性が出てきてしまいます、ギャンブル状態です。

逆に選定基準が大筋ずれていなければ、商品カタログの魅せ方がイマイチでも、安売りしてしまえば売れちゃうこともあります。

もちろん、新しいことをやろうとしていることを批判するつもりも、社会にイノベーションを起こすこと自体にも反対はしませんが、
もしできるだけ遠回りせずに儲かる商品を見つけたいのであれば、この大原則を覚えておいて損はないと思います。

簡単そうですが、大原則に則っているセラーは、意外にもあまり多くはありません。

だからこそ、これに沿って実直にやれば、勝てる可能性は驚くほどアップします。

どう上回るかも、すでにAmazonの中に答えはある

ネットビジネスにおいては、この中国輸入×Amazon物販に関わらず、良くも悪くも真似することが簡単にできます。

そういう意味では、「上回る」という点でも、「この商品が売れているというのは分かったけど、どうすればこのライバルセラーに勝てるような商品になるのか」というのも、ほとんどのケースでAmazonが教えてくれます。

Amazonだけに限らず、他のショッピングモールもあるわけなので、すでに世に出ている商品に対して、お客さんは何を求めているのかはすぐに分かります。

また、商品レビューが驚くほど早く溜まっていっているような商品も、中国人セラーの不正レビューでなければ、その商品を販売するセラーが購入者にたいしてどのようなアプローチをしているのか、あなたが実際に購入すれば、高確率で知ることができるはずです。

「ベンチマーク商品のレビューには〇〇と買いてあるけど、私としては△△のほうがいいと思うんですよね」というようなアイデアも、根拠のないものではもちろんダメで、自己満ではなく、何度も言いますが、「真似て、上回る」が鉄則です。

少し話はそれますが、商品レビューを研究して商品に反映するという作業も、少数派の意見をバカ正直に改良点として捉えるのではなく、大多数から求められている商品改良かどうかを見極めていく必要があります。

Amazonの商品レビュー

これはある筋トレグッズの商品レビューですが、普段から筋トレをゴリゴリやっている客層向けにこの商品を豪腕用に改良するのか、っていう話です。

極端な話ですが、通常サイズの服を売っているアパレルショップで、どんな購入者層かも分からないまま、「3Lサイズの服が欲しい」と言われて、大きいサイズの店に売っているようなサイズをラインナップするようなものです。

お客さん全員の声に耳を傾けるというのはビジネスをやる上ではほぼ不可能に近いです。

Amazonでの商品リサーチに使える7つの方法

絶対に避けては通れないのが「商品リサーチ」という作業ですが、「良さそうな商品が見つかりません」というご相談は毎日のようにいただきます(笑)

ランキング100位以内の商品だけを見ていたり、日常生活の中で思いつく商品だけ見ていたり、キーワード検索であいうえお順にひたすら文字を入力して、サジェスト表示される商品だけを見ていたり。。

もちろん最初はそれでもいいかもしれませんが、Amazonには膨大な数の商品が存在しているにもかかわらず、その狭い視野で商品リサーチをするのはとてももったいないですし、限界があります。

ご自身でリサーチ・商品選定されている方のためにも、いろんな方向からAmazonでの宝探しができるようになるために、ぜひここでご紹介するリサーチ方法も覚えておいてくださいね。

1. セラーリサーチ

儲かる商品は儲かっているセラーは、他にも儲かる商品を取り扱っていることがよくあります。

ですので、興味のあるジャンルのランキングをリサーチするのもいいですが、それらの商品を取り扱っているセラーが取り扱っている他の商品を基準にリサーチしてみましょう。

各ショップが取り扱っている商品は、商品ページからそのセラーのショップ名をクリックして、以下のように「○○のストアフロント」からアクセスできます。

ランキング上位に入っている商品

「大多数が見ている=それなりに勝ち抜いている競合セラーである」場合が多いので、資金や時間が余分に必要になるケースが多い。

 

2. 無意識に避けていた商品カテゴリにチャレンジ

気付くと無意識でいつも同じジャンルでリサーチをしている方は、意外に多い印象があります。

興味がある・好きだから、というのもありですが、時には視点を変えて違うジャンルからリサーチするべきです。

好きな商品よりも、まずは儲かる商品を、でいきましょう。

いつも同じような商品ばかり見ていると、脳も気分もマンネリ化して、それ加え商品選定が進まないとなると、かなりの悪循環に陥ってしまいます。

今までリサーチしたことのない未開ジャンルにもチャレンジしてみましょう。

3. Amazon以外のモールでのランキングをチェック

楽天などのモールでランキング上位=Amzonランキング上位というわけでは必ずしもありませんが、意外な商品がランクインしていたりと、Amazonでのリサーチアイデアを得ることができます。

日本のみならず海外のモール(アメリカのAmazonなど)も見てみると、面白い商品(これから流行りそうな商品)が見つかるかもしれません。

ただ、あまり先行者利益を求めてリサーチをすると痛い目を見るので気をつけてくださいね。

4. カテゴリと価格だけを絞ってリサーチ

正直、僕が一番オススメしているのがこの方法なのですが、各カテゴリで価格帯だけで絞ってローラー作戦でリサーチをするというやり方です。

検索するためのキーワードを考える必要もないですし、変な価値観や固定概念を取っ払って商品を一つずつチェックしていくことができます。

1. カテゴリを選択

Amazonのトップページで「すべて」からカテゴリを選択し、検索ボタンを押します。

2. 小カテゴリを選択する

Amazonの小カテゴリ

3. コマンドを追加する

そのページのURLの一番最後に、
「&low-price=最低価格&high-price=最高価格」を追加します。

4. 絞り込みたい価格を設定

この「最低価格」と「最高価格」のところに、いくらからいくらまでのアイテムに絞って検索したいのかを入力します。

5,000円から8,000円の場合、「&low-price=5000&high-price=8000」と入力します。

5. 入力しそのままEnterを押す

検索をすれば、指定した価格内の商品が表示されます。

最低価格のみ、もしくは最高価格のみ、で検索する商品を限定したい場合は、

  • 5,000円以上の商品で検索:&low-price=5000
  • 5,000円以下の商品で検索:&high-price=5000

のように検索することができます。

6. 実際に商品リサーチをする

特に並び替えの設定は必要ないので、あとは商品を上から一つ一つローラー作戦でリサーチしていきます。

商品カテゴリによってはこのコマンドが使えない場合もあるので、悪しからず別のリサーチ方法も試してみてくださいね。

ちなみに、リサーチの度に毎回この文字列をタイピングしていたら非常に面倒くさいので、僕はパソコンの辞書に登録していて、リサーチの「り」と入力すれば、自動で入力できるように設定しています。

5. ランキング101位以下をチェック

同じくAmazonで使える文字列ですが、カテゴリを選択して、「[]」を入力して検索します。

Amazonの検索窓

すると、以下の画像のようにランキング上位から表示されるようになるので、ページをめくっていけば101位以下の商品もほぼ順番通りに商品を見ることができます。

Amazonの検索結果

※このコマンドも、4つめに紹介したコマンドと同じく、Amazonの仕様変更だったり、カテゴリやブラウザによって使えない場合があります。

6. セラースプライトを活用する

中国輸入ビジネスをされている方であれば、使っている方は多いと思います。

以下の記事で紹介しているリサーチ方法が特にオススメです。

7. Amazon売れ筋ランキングデータ

このツールに関しては、ご存知でない方も多いかもしれませんが、とても実用的な商品リサーチのためのデータを得ることができます。

ここではAmazonが独自に収集した、各カテゴリの日間・月間ランキング1000位を公開しています。

セラーセントラルからAmazon出品大学にログイン後、『講座を選択』から一番下の『レポートとデータを活用しよう』から確認できます。

売上数、売上額、閲覧数での最新ランキングをチェックできますので、同じくローラー作戦で1商品ずつチェックしてみてください。

中国輸入ビジネスでの選ぶべき商品の特徴6つ

商品リサーチの方法について、なんとなくご理解いただけたところで、商品選定で「こんな商品はむしろやりましょう!」という特徴について6つお伝えしたいと思います。

もしかしたら、「今まで考えていたことと違う!」という内容もあるかもしれませんが、新しいマインドセットとして、商品リサーチの際に参考にしていただきたいと思います。

中には例外もありますが、商品選定基準として覚えておいていただければ、少なくとも「まったく売れない」という状況は回避できます。

ビジネスはギャンブルではなく確率論の話ではないので、特に資金や時間に限りがある場合は、明確な商品の選定基準を理解してリサーチスキルを身につけることが、成功への近道だと言えるでしょう。

1. 市場規模が十分にある商品

前述の大原則である「すでに儲かっている商品を見つけて、真似て上回る」を念頭に置いていただければ、この基準を外すことはほぼないでしょう。

「その商品が欲しい!」とすでに探している人がいなければ、どれだけ素晴らしい商品だったとしても売る相手もいません。

  • そもそも需要のない商品を売ろうとしていないか?
  • その商品、自己満で作っていないか?

商品を工場に発注する前に、ぜひ一度考えてみてください。

2. 商品単価が高い商品

Amazonのランキングを見ていただくと、上位で見受けられる商品は1000円以下であったり、もはや利益が出ていなそうな数百円の商品だったりします。

スマホケース、ハンドバッグや財布など、

・小資金でスタートできる
・小さくて軽い
・日常に溢れていて見つけやすい

といった大多数が見ていて出品しやすい商品は競合が増えやすいうえ、よほどのブランド力がなければ価格競争が発生しやすく結果的にジリ貧に陥りやすいため、あまりオススメできません。

そこで狙うべきが、ランキングではあまりお目にかかれない、高単価かつ販売数の少ない商品です。

販売価格が安い商品は購入数も必然的に増えますし、直近の販売数に比例して、上位にランクインするので、露出が増え、同じ市場を狙う競合セラーが増えやすい傾向にあります。

以下のような2商品の場合、月間販売個数に差があっても同じような月間利益額を見込むことができます。

  1. 10,000円で利益率60%、販売数60個/月:10,000円×60%×60=36万円
  2. 2,000円で利益率30%、販売数600個/月:2,000円×30%×600=36万円

高単価であれば1日の販売個数が少なくても目標利益額は達成できるというわけです。

3. 販売資格が必要な商品

PSEマークが必要な商品、技適マークが必要な無線機器などは販売するための資格を取得する時間や費用がかかるため、出品に対するハードルが一気にあがります。

費用がかかるので、物販のスタートアップ時点でこの類の商品を取り扱う必要はないと思いますが、ネットでの販売に慣れてきた段階で、将来的に販売商品として検討してみましょう。

そのハードルを参入障壁と捉えて市場参入することにより、ライバルの少ないシェア獲得が可能になります。

4. 専門知識が必要な商品

「一見、何の商品なのかよく分からない」というような商品を積極的にピックアップしてみてください。

上記でも取り上げたスマホケースやバッグなどの分かりやすいアイテムは、大多数の出品者が見ているため、シェアの奪い合い・価格競争に陥りがちです。

それよりも「何に使うもの?」「どうすればライバルよりもいい商品が作れるか?」と、深いレビューリサーチが必要であったり考えるプロセスが多い商品の方が、参入障壁が高くなり、結果的に長期的に売れる商品に成長させることができます。

5. 重い・かさばる商品

極端な例ですが、ダンベルや布団の販売となると、輸入送料が高い、保管場所の確保が必要となり頭を悩ませます。

副業でやっていると、大量在庫の自宅保管はなかなか困難ですし、Amazon倉庫への発送も、配送方法を工夫しなければなりません。

中国現地の代行業者にFBAラベル貼付を依頼してAmazon倉庫に直送したり、他の取り扱い商品との混載船便を利用して輸入送料を安くしたりと、少し煩雑な過程を踏むことにより、ここもライバル参入を防ぐハードルとなります。

6. 強いセラーが不在の商品

ここでいう強いセラーの特徴をお伝えします。

A. 直近30日間の出品者評価数が多い

Amazonの出品者評価

特定の商品を長期継続的に販売しているセラーはもちろん強いですが、短期的に出品者評価を多く集めているセラーは、それだけ販売数も多いということなので、十分強いセラーとして捉えることができます。

B. 少数精鋭なのにランキング上位の商品が多数

Amazonの出品商品

そんなセラーは、1商品にかける情熱が尋常ではなくそれなりに作り込んでいる場合がほとんどです。

Amazonでの販売戦術・戦略に精通している可能性が高く、数少ない商品を是が非でも守りたいはずなので、参入する場合は注意が必要です。

C. 明らかなレビュー操作をしている

Amazonの商品レビュー

例えば、販売開始して1ヶ月しか経っていないような商品で、数百個単位で商品レビューがついていれば、ほぼ100%で不正レビューだと思ってください。

特に、商品の特性上、レビューが荒れやすい商品を扱う場合、ベンチマークセラーがレビュー操作をしている場合、それに対抗できるように商品レビューを維持できなければ、そのセラーを超えていくのはなかなか難しいでしょう。

ライバルセラーが☆4.5をキープしているなら、こちらも☆4.5をキープしていく必要がある、ということです。

  • Amazon.comの販売ノウハウを駆使している(非ベンダーセラーなのに、商品カタログに動画コンテンツを掲載しているなど)
  • 市場で一強になっている(外部流入がある、SNSで話題になっているなど)

などが挙げられます。

参入しない方が良い市場、という観点からお伝えすると、中には「ライバルセラーから嫌がらせを受けやすい市場」というのも残念ながら存在しています。

  • アパレル商品なのに「爆発した!」と言ってAmazonに通報
  • 代引きで購入し、存在しない住所に送りまくる
  • コンビニ払いで注文して保留状態にし、在庫切れにする
  • 「販売を止めろ!」といった脅迫文書を送る

などなど、例をあげればキリがありません。

ただ、現状こういった嫌がらせがない市場だとしても、今後そのような市場になってしまったり、逆に平和な市場になったりと、状況は日々刻々と変化しています。

なので、このような市場に参入しちゃっていた場合は、嫌がらせをされたら精神面でのダメージはありますが、淡々とかわして、販売者としてできることを全力でやっていくしかありません。

中国輸入ビジネスで避けるべき商品の特徴7つ

「こんな商品はあえて選ぶべき」というポイントをお伝えしたところで、次は「こんな商品は要注意」というポイントについてです。

1. 「好き」だけで最終決定した商品

販売商品の選定で、好きなジャンルからスタートする方は多いと思います。

ワクワクしますし、「この商品やりたい!自分も商品開発できそう!」とモチベーションも上がると思います。

普段、筋トレをしているからといって、商品リサーチで筋トレグッズばかりを攻めてしまう、といった例です。

もちろん、儲かる商品であればいいのですが、「単純に好きだから」という判断基準だけで商品の最終決定をしてしまうのは危険です。

「好き」を基準にリサーチをスタートしても、その商品があまりにもニッチすぎる、Amazonでの市場が小さく、売れていそうで1日1個くらいしか売れていない、そんな可能性があるわけです。

1000個単位なんかで発注した日には、大変なことになってしまいます。

ですので、「好き」で商品リサーチするのは良いですが、最終的には、Amazonの市場の規模や月間販売個数・利益などの「裏付けされた数字・データ」を基に最終決断をするようにしてくださいね。

2. 利益率が低すぎる商品

普段、せどりや転売をメインにビジネスをされている方にとっては、利益率10%前後が当たり前だったりしますが、中国輸入オリジナル商品の販売では、最低でも利益率30%以上を基準にリサーチされることをオススメします。

ここでいう利益率とは粗利ではなく、

  • 商品原価
  • 代行手数料
  • 中国国内送料
  • 輸入送料
  • 関税/消費税
  • Amazon販売手数料
  • FBA配送代行手数料

などを差し引いた後の「純利益」を指します。

くれに加え、広告費などもかかってくるため、30%を下回るようだと、オリジナル商品として販売する意味がなくなってきますので、最低でも30%は確保できる商品にしましょう。

利益率については、以下の記事もご覧ください。

3. 多数のセラーが見ている商品

極端な例で言えば、Amazonの大カテゴリーで100位以内に入っているような商品です。

先ほどもお伝えしましたが、スマホケースや財布などの日常で頻繁に目にする商品よりも、「これ何に使うの?」という商品のほうが、見つけられる頻度も少なく、扱いたいというセラーも少ないので、そんな穴場商品をコツコツを見つけていきましょう。

4. 季節商品・一過性のブーム商品

例えば、スノーボード用品やビーチアイテムなどの季節商品、メディアで取り上げられた一時的な流行商品は、一年通しての販売数に波があるため避けたほうが無難です。

よく見るこの浮き輪ですが、夏に比べると販売数はどうしても落ちます。

5. 外部流入がある商品

どういうことかというと、商品によって「ユーザーがAmazonで自然検索をして購入したパターン」ではなく、SNSや自社サイトにAmazonの商品ページのリンクを貼っていて、購入時にそこに飛ばされているパターンがあります。

その場合、Amazonではランキングが上がるので売れているように見えますが、Amazon以外からアクセスを集めているので、Amazonでの市場規模があるとは言えません。

必ず、どんな商品でもビックキーワードで検索した上で、2位以下の商品も売れているかどうかをチェックするようにしてくださいね。

6. 大手メーカー商品・ブランド力で売れている商品

商品の良し悪しではなく、メーカー・ブランドの知名度で売れている可能性がある商品は避けましょう。

仮に、その商品よりも品質の高い商品を中国輸入できたとしても、知名度で劣ってしまい、販売数が安定するまでに相当な時間と価格戦略と広告のための資金が必要になるかもしれません。

資金力に余裕が出てきたらチャレンジするのもアリですが、成功体験を作るのにも時間がかかってしまうため、1つ目の商品ピックアップとしてはあまりオススメはしません。

7. 法律に抵触する商品

以下の記事で詳しくご紹介していますが、気づかずに法律に違反していた、なんてことがないようにしっかり調査して発注を進めましょう。

特に、赤ちゃんが使う商品や自転車やカー用品など、人命に関わる商品を取り扱う際は、注意したいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

前半でお伝えした大原則について、理解していただけましたでしょうか?

すでに答えはあってあなたが新しくゼロから考えないといけないことって、ほとんどないからです。

もしあるとすれば、既に世にある商品を真似るとして、どういう魅せ方をして上回っていくか、という部分です。

魅せ方と言ってもいろいろあります。

中国人セラーが多い中、「日本人のカスタマー担当者が24時間対応します」でも一種の魅せ方になるでしょう。

また、商品リサーチ・選定については、物販ビジネスは商品選定でその先の行方が決まってしまうので、かなり深堀してお伝えしました。

今までは、「面倒臭そう」とか「この商品よく分からない」という漠然とした理由でリサーチ中にスルーしてしまっていた商品も、今後はぜひ、ピックアップする基準として積極的に取り入れていただきたいと思います。

商品ピックアップの際は、あえて面倒臭いものを選んで、販売の時点で参入障壁を作れる商品を選ぶことをオススメします。

Amazon×中国輸入教えます コロナにも負けない在宅・副業物販ネットビジネス