中国輸入でオリジナル商品を販売するなら、JANコードを取得しよう!

日常に溢れている商品の裏側を見ていただくと、バーコードが大体付いていると思いますが、Amazonに新規出品として商品登録をする際には、このバーコードが必要です。

Amazonで製品コード免除申請というのをすることも可能ですが、いろいろと制限があるのであまりオススメはしません。

このバーコードは一般的にJANコードと呼ばれていますが、この記事ではそのJANコードを作成する際に必要な、GS1事業者コードというものを貸与してもらう方法についてお伝えします。

GS1事業者コード

日本で販売される商品でいうと、「45」または「49」で始まる9桁または7桁の番号のことです。

これがないとあなたの商品のオリジナルバーコードは作れません。

その番号に商品アイテムコードを組み合わせることで、バーコードの下に書いてある11桁か13桁のバーコードが完成するわけですが、それがいわゆるJANコードと呼ばれているものです。

JANコード=EANコード=GTINコードで、基本的にはどれも同じものです。

GS1事業者コードを貸与してもらう方法

一般財団法人 流通システム開発センターというところに新規登録の手続きを依頼します。

ちなみに無料ではないですが、オリジナル商品を販売するのであれば必要なので、商品が決まったら早めにインターネットもしくは登録申請書で申請をしておきましょう。

インターネットであれば入金から約1週間で、GS1事業者コードが記載された「GS1事業者コード登録通知書」が普通郵便で届くので、オンライン申請がオススメです。

料金は以下のようになっています。

これから物販を始める方であれば、おそらく区分Iの3年間分で16,500円で月額460円くらいです。

ちなみに事業者コードを一度申請すれば、1000商品分のバーコードを作成することができます。

申請の際に、入力に迷ったら以下の内容で入力しましょう。

  • 業種区分:卸・小売業
  • 年商:任意
  • 利用用途:JANコード
  • 商品アイテム数:任意
  • 主要商品名:任意
  • 用途分類コード:任意
  • 主要取引先:Amazon

まとめ

いかがでしたか?

やることはシンプルなので、手短にお伝えしましたが、JANコードを取得していないと新規出品ができないため、商品カタログの作成が頓挫してしまします。

とにかく、この中国輸入ビジネスをやるのであれば、この事業者コードは取っておいた方が、商品登録の際にかなりスムーズに進めることができますので、商品が決まったら悩まずに、サクッと申請しておきましょう。