【ハネムーンピリオド】Amazonの新着期間を最大限に活用しよう!

ブルックリンブリッジ
後発組として商品を新しく販売して、すでに実績のあるライバルセラーに勝てるの?

この記事では、Amazon物販において後発組セラーとしてはぜひ知っておいていただきたい、「新着期間」を最大限に生かす方法についてお伝えします。

あまり重要視していない方も時々いるので、「なんのこと?」と思ったあなたは、新規出品として商品カタログを作成する際は、ぜひ覚えておいていただくと、マリオでいうスーパースター状態で販売スタートすることができます。

ハネムーンピリオド=新着期間

Amazonからは明確な期間は公表されていません、商品を販売開始し始めて、2〜3週間くらいの期間を新着期間やハネムーンピリオドと呼ばれています。

どういう期間かというと、この期間にとにかく販売数を上げて売りまくることで、SEOが上がりやすくなるボーナス期間なのです。

以前は以下の写真のように「新着」というマークが表示されていたのですが、今は表示されなくなりましたね。

Amazonの新着マーク

商品でいうと、Amazonで商品検索した時に、以下のように「最新商品」で絞り込むと表示される商品です。

Amazonの最新商品

Amazonユーザーの8割は検索結果の1ページ目で購入しているということなので、販売開始したばかりの商品ページにとっては、マリオでいうスーパースター状態と同じなので、その期間に1ページ目を目指して販売数を上げまくることで、後々、販売が楽になります。

ちなみに相乗り出品では対象にならないため、中国輸入を実践するセラーにとっては、初動でスタートダッシュを切るという意味では超大事な期間になっています。

ハネムーンピリオドを生かすために気をつけたい3つのこと

1. 商品カタログ作成

商品カタログ作成の仕方によっては、すでに新着期間がスタートしてしまって、中国から輸入してFBAに着くころには、すでに新着期間が終わってしまっているという場合があります。

そうならないためにも、商品カタログを作成する際には、以下の点に気をつけて作成してみてください。

ステップ①
通常通り、カタログ作成画面の必要な部分を入力するのですが、その際に、出品情報タブの「商品の公開日」と詳細タブの「販売開始日」を1年後くらいの任意の日付に設定します。

わざわざギリギリの日付を入力するのではなく、1年後の日付とお伝えしたのは、「商品の公開日」と「販売開始日」は、設定して一度商品ページを作成してしまうと、選択した日付が有効になるので、「納品が間に合わないから、もっと先の日付にしよう」というのはできません。

もちろん、1ヶ月後に商品がFCに到着するのが確実であれば、1ヶ月後の日付でも問題ありません。

Amazonの商品の公開日
Amazonの販売開始日

ステップ②
商品カタログ編集を完了したら、納品用のFBAバーコードもプリントアウトできる状態になるので、中国のパートナーに作業してもらい、通常通りFBA納品を進めます。

ステップ③
商品のFBA納品が完了したら、その日の午前0時を過ぎたあたりに、先ほど設定した2つの日付をその日の日付に変更します。

6月1日午前0時過ぎに日付変更をするのであれば、2020/06/01に設定します。

2. 広告予算を増やす

Amazonの検索アルゴリズムは、「直近の販売件数」が非常に重要といわれていますので、ハネムーンピリオドに関わらず、販売件数は増やす必要があります。

そのためにも、特に販売開始直後は、広告予算はできる限り増やして、スーパースター状態の期間にできるだけ販売件数を伸ばしましょう。

広告予算にかける月間の目安としては、最終的に目指せる月利くらいを上限に設定しておくことで、

やばい、広告かけすぎて、資金回収ができない…

なんて状態にもなりにくいです。

 

3. クーポンの設定&新着ランキング1位の画像掲載

価格戦略として値下げをして販売し、販売個数を増やしますが、クーポン設定をすることで、実質的に価格を変動させることなく(価格変動はあまりAmazonアルゴリズムからは好まれない…)、値下げをすることができます。

また、クーポンを設定するメリットとしては、目立つのでクリックされやすいというのもあります。

販売開始2ヶ月以内の商品は、順調に売れると新着ランキングで1位を獲得できる可能性があるため、取れたらスクリーンショットを撮って商品画像で掲載しましょう。

上の画像のように、1位が取れたら日付を忘れずに掲載することで、画像の説得力に欠けることもなくなります。

もちろん、差別化テンプレートの記事を参考に、他の権威性もじゃんじゃん追加していってくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

経験上、ハネムーンピリオドで売りまくることで、クライアントさんの商品含め、少なくとも1ヶ月間は新着ランキングで表示されていました。

価格戦略や広告費を考えると、商品によっては月間数十万円の赤字を許容しないといけないわけですが、ここをケチらずに販売件数を稼ぎまくることで、あとあと享受できる利益が莫大なものになってきます。

赤字が続いてて、精神的に辛い…

なんて方は、以下のリンクから一度相談してみてくださいね。

追伸

今年よりクライアントさんだけでなく、メルマガ読者さんからのご相談も受け付けています。

毎月10名まで無料面談を受け付けていますので、思い立ったら吉日、以下からご相談ください。

  • いい加減に独立したい…
  • 行動するのが不安…
  • どうやってビジネスを進めていいのか分からない…
  • 最初の一歩が踏み出せない…
  • 月収3桁以上になかなか到達できない…
  • リサーチがあっているのか分からない…
  • 販売してみたけど、売れない…
  • 売り上げはあるけど、いつまでも時間が作れない…

ぜひこの機会を活用してくださいね。
https://my60p.com/p/r/NFsQ08g2