中国輸入ビジネスにおけるOEMとは?あんな商品もOEMだった

OEM、OEMっていうけど、結局OEMって何なの?単純に転売するのと、どう違うの?
いい質問ですね。OEMといっても難しい話ではないです、国内外の商品問わず、意外と生活の中に溢れていますよ。

この記事では、このブログでお伝えしている中国輸入OEM商品の販売の「OEM」とは何なの?というお話です。

中国輸入でOEM商品を開発するということは、あなたが日常で目にするアイテムを低価格で仕入れ、そして販売するということになります。

そして、自社商品としてOEMアイテムとして販売することにより
・相乗りを防ぐ
・自由な価格で独占的に販売できる
といったメリットがあります。
転売だとどうしても相乗りされ、価格競争に巻き込まれてしまいます。

一言でOEM商品を販売すると言っても、
・ハードル高そう
・中国語話せない
・どんな商品を販売すればいいのか分からない
という印象を方がほとんどだと思います。

Amazon物販でのOEM販売はいくつかのパターンがありますが、
私が一番オススメしている、
「既存商品にブランドロゴ・タグを付けてOEM化」
「中国工場にオリジナル商品としてOEMを依頼する」
方法についてご紹介したいと思います。

「OEM商品を販売する」とはこういうこと

まず、「OEMが意味するものとは?」ですが、「original equipment manufacturer」の略で、直訳すると、「自社の商品を製造してくれる会社」と言う意味です。

製造するための工場や製造機を購入したりしなくても、すでに設備がある会社に依頼すれば、商品は作れてしまいます。

あまり知られていないことですが、日常の中にはOEM商品がたくさんあります。

自動車

例えば、以下の軽自動車ですが、1台目はスズキのMRワゴン、2台目は日産のモコです。

そして、1台目はダイハツのタント、2台目はスバルのシフォンです。

日産のモコもしくはスバルのシフォンは、スズキもしくはダイハツに製造を委託され供給された軽自動車ということになります。

フロントのデザインを少し変えることで差別化し、自社ブランドとして展開をしているパターンですが、ほぼ同じです。

メーカーエンブレムが付いていないと、どっちがどっちの車か分からないレベルです。

コンビニのペットボトルコーヒー

さらに身近な例でいうと、コンビニのPB(プライベートブランド)があります。

販売者はセブンイレブンやファミリーマートやローソンだけど、製造元は同じ会社であるというパターンです。

以下の3商品は全て同じ製造元、UCCです。(2019年7月現在)

各社、異なる種類のコーヒー豆を使っていたり、豆の使用量が違っていたり、独自の差別化を図っているOEM商品の一例と言えます。

他にも化粧品や携帯電話など、買う場所やパッケージ・外見は違うけど、中身はほとんど変わらない、むしろまったく同じ、というアイテムはこの世にたくさん存在しています。

既存商品にブランドロゴ・タグを付けてOEM化(簡易OEM)

すでにある商品のパッケージや化粧袋などにロゴやタグを付け、OEM販売するという手法、簡易OEMと言われたりします。


この写真は、工場に依頼して化粧箱、外袋にブランド名を印字した物を用意し、OEM化された商品としての一つの実例です。

バリエーションがあるので、正確な月間販売数は不明ですが、ランキングもかなりの上位の商品です。

既存商品にロゴやタグをつけるという手法では、一点注意しなければならないポイントがあります。

ノーブランド品をブランド品と誤解させるような不適切な商品画像のアップロード:
ノーブランド品でありながら、その商品の恒久的な商標ではない商標を一時的な方法(シール、商品包装など)で付して撮影された商品画像をアップロードすることは禁止されています。Amazonは、本規約に抵触する商品画像を削除、選別、修正する権利を留保します。

Amazon「出品者の禁止活動および行為、ならびに順守事項」より(2020年12月現在)

つまり、簡単に消えたり剥離してしまうロゴやタグ、箱パッケージにロゴだけステッカーで貼付しているもの、すぐに消えてしまうようなスタンプでロゴを表示するのは規約違反になってしまいます。

アパレルアイテムでよく見受けられますが、傘のストラップにブランド札を付けたり


以下のようにブランドタグが直接縫い付けてあるようであれば、ブランド品として差別化したOEM商品としての販売が可能、ということになります。


販売数が伸びてきたら、ブランド名の商標登録をすることも可能です。

商標登録しておけば、もしAmazonで販売していて、相乗り出品者がいた場合、商標権の侵害により通報することができます。

登録は申請より半年から1年ほどかかりますので、ブランド名やロゴが決まった時点で、早めの申請をオススメします。

ちなみにオリジナルブランドロゴは、ランサーズやクラウドワークスなどの外注募集サイトで比較的安く作成依頼することが可能です。

中国工場にオリジナル商品としてOEMを依頼する

市場規模を見極めた上で
ベンチマークとしてピックアップした商品の
1ミリでも品質改善された商品
中国で製造するというやり方です。

ゼロから新しい物を作ってもらう必要はありません。
以前の記事で売れている商品の市場規模についてお伝えしましたが、
すでに販売されている、市場規模が大きい商品を見つけて
同じような商品を作っている工場をアリババでリサーチします。

ベンチマークとしてピックアップしたアイテムの
商品レビューを隅から隅まで読み込んでみましょう。
「この部分がもう少し○○だったらな〜」や、
「○○とセット販売だったらなお良し」など
実際に買ったユーザーの心の声が読み取れることがあります。

同じ商品でも、ユーザーレビューの内容を元に
仕様を変えたり素材やサイズを変えることが可能かどうか、
中国の工場と相談してみましょう。
希望とする改善ポイントが商品に反映可能であれば、
ライバル商品よりも品質改善された
あなたのオリジナル商品として、販売が可能です。

「ブランドロゴ+オリジナルOEM商品」がベスト

上記でお伝えした、
自社ブランド名のロゴやタグを商品に表示し、
ベンチマーク商品のレビューリサーチから得たユーザーの声を
商品仕様に反映することにより、
あなただけのオリジナルアイテムとして販売することができます。

ただ注意していただきたい点として、
転売であればAmazon販売する場合、早ければ1日で完結できますが、
中国輸入によるOEM商品の販売となると、

商品ピックアップ→中国工場リサーチ・コンタクト→製造・輸入→販売

という複数のステップが必須になります。

1商品でも、2か月から3か月くらいは必要になってきますので、
地道にコツコツとやっていくことになりますが、
あなた自身のオリジナル商品を企画・販売できる!
という喜びを噛み締めながら、ベストセラー商品を作っていきましょう。

大口の企業から、「この商品大量に購入したいのですが。。」なんていう問い合わせも夢ではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「え、これもOEMなの?」なんて商品もあったりと、「OEM商品を販売する」ということを少しでも身近に感じていただけたら嬉しいです。

もちろん、このページで例としてご紹介した、自動車や食べ物を作る必要はありません。

日々、商品リサーチしていると、参入しづらい市場だったり、「この市場はやめておいたほうがいいよね」なんていう市場もだんだん見えてくるようになりますので、以下の記事もチェックしていただきながら、コツコツと目を養っていただきたいと思います。