【本発注前の必須項目!】中国輸入OEMでのサンプル発注

こんにちは、一ノ瀬です。

今回の記事では、
商品選定から本発注をする前の、
サンプルチェックの重要性についてです。

中国輸入ビジネスにおけるサンプル購入とは?

サンプルってなんなんだ?
と思う方もいらっしゃると思うのですが、
本発注をする前に実際に商品を買ってみましょう、
ということです。

スクリーン上で見るだけでは、気づけないことがたくさんあります。
実際に目視したり、触ったり、匂いを嗅いだりすることで、
購入者が、商品が届いて手に取ったときの心理状況を知るのです。

ライバルセラーのベンチマーク商品をAmazonから購入

1. 実際に使ってみて、どのような品質改善ができそうか

商品リサーチで商品選定がある程度できたら、
Amazonでライバルセラーの商品を実際に購入してみましょう。

このビジネスモデルは、
すでにあるベンチマーク商品の品質に、
プラスアルファの付加価値を加えて販売する

というのが基本です。

商品ページや商品レビューからでも
付加価値の検討はできますが、
ベンチマーク商品を手にとって
チェックしてみることをオススメします。

副産物的な目的として、ベンチマーク商品を購入した後に、
そのライバルセラーが購入後にどのようなカスタマーフォローをしているのか
をこっそり研究することができます。
レビュー促進が得意なセラーであれば、
購入後のフォローメールなども参考にすることができるでしょう。

2. 相乗り出品でどのくらいのPV数(閲覧数)があるかをチェックできる

ライバル商品のカタログに相乗りすることで、
そのページの閲覧数が確認でき、
ある程度の販売数などのデータが取れます。
新品として出品すると商標権などを主張されリスクが伴いますが、
中古品として出品すれば追い出されることはありません。

中国工場からサンプルを購入

商品選定・改善点の精査ができたら、
中国の現地工場のリサーチをやっていきます。
ほとんどの商品は、2〜3つの複数の工場をピックアップして、
実際に仕入れをする工場を選択することになります。

なぜ複数の工場かというと、
将来的に本命の工場が潰れたりして仕入れができなくなっても、
リスクヘッジとして仕入れできる候補としてストックしておく必要があるからです。

1. 品質

「Made in China」は品質が悪い!
という時代もありましたが、
世界の工場と言われるだけあって、
中国製品の品質も格段に向上してきています。

ただ、中国に限らず工場によっては品質があまりよくないこともあります。
発注ロットではなくサンプルとして1個だけ購入したりすることになりますので、
少し割高になることが多いですが、
大量発注して低品質・不良在庫を抱えてしまわないように、
しっかりと品質チェックを事前にしておきましょう。

またベンチマーク商品に対する改善点として、
工場に指示した部分が十分に商品に反映されているのかを確認します。
Amazonから購入したベンチマーク商品と中国からのサンプル品を比較して、

勝算がある商品を作れるのかどうかを見極めます。
場合によっては商品化しない、というのも選択肢として十分にあり得ます

2. 商品サイズ

FBA代行発送の場合、
商品の梱包サイズによって、送料が大きく変わってきます。
ベンチマーク商品はFBA料金シミュレーターや商品ページで確認できますが、
商品の仕様変更などをすると多少配送サイズに影響が出てくることがあります。

以下、FBA配送代行のサイズ区分表ですが、
三辺合計が1cmでもオーバーしてしまうと、
小型・標準サイズで発送できる商品も大型サイズで計上されてしまいます。

アマゾンFBA配送代行手数料
*商品(梱包資材を含む)の3辺サイズを最長の辺、次に長い辺、最短の辺の順に並べたとき、3辺全てが基準を満たす必要があります。
*3辺合計が200cmを超えるもの(170cm以上の場合は1辺90cmを超えるもの)、あるいは重量が40kgを超える商品はFBAを利用できません。
*Amazonは独自に商品または商品サンプルの重量を測定することがあり、出品者様より提供された情報と測定結果が異なる場合、Amazonが測定した重量が適用されます。
*FBAでの納品要件を満たしていない商品がフルフィルメントセンターに着荷した場合でも、Amazonの裁量にて作業の上、受領させていただくことがあります。そのような作業を行ったうえで受領された商品については、作業費用が課金される場合があります。詳細は、「納品不備受領作業手数料」をご覧ください。(セラーセントラルへのログインが必要です。)

アマゾンFBA配送代行手数料

* 商品は寸法と重量のいずれの基準も満たしている必要があります。
* 料金表内に記載されている重量は出荷商品の重量と梱包資材の重量の合計となります。梱包資材の重量は、小型と標準区分1は50g、標準区分2-4および大型区分1-3は150g、大型区分4は550g, 大型区分5は700g, 大型区分6および7は1.2kg, 大型区分8は1.4kgとなります。
* 標準サイズ区分2-4と大型サイズ区分1-3の違いは、梱包を含めた商品の3辺のサイズと重量が標準サイズ区分の基準を満たしているか否かです。たとえば、50cm x 5cm x 3cmの商品は最長辺が45cmを超えるため大型サイズ区分1に分類されます。
* 小型と標準サイズ区分1については、梱包を含めた商品の3辺のサイズすべてが基準を満たしている必要があります。たとえば、商品のサイズが5cm x 5cm x 5cmの場合、商品の高さが2.8cmを超えているため、標準サイズ区分2に分類されます。
* 標準サイズ区分2~4の場合、サイズは商品の長さ、幅、高さの合計で計測されます(梱包を含む)。

Amazon「FBAの料金プラン 」より(2019年11月19日現在)

標準サイズ(100cm未満)と大型サイズ(100cm未満)では
¥778-¥499=¥279の差が発生します。
最長辺を45cm以内に調整しただけでも、
月間販売数300個として
300個×279円×12ヶ月=年間1,004,400円の差が出ます

柔らかい商品であれば標準サイズに収まる箱に梱包し直したり、
そもそも箱が不要で、OPP袋で事が足りる商品かもしれません。
その場合、事前に中国の現地代行業者に依頼することも可能になります。

特に1000個単位で日本に商品が届いてからだと、
日本側での箱の発注や作業が必要になり、FBAへの納品までに時間がかかります。
一緒に作業ができるスタッフがいなければ、一人ですべて対応することになります。
事前にサイズ計算をした上で、すぐに販売開始できるようにしていきましょう。

3. 写真撮影

サンプル1個があるだけで、商品カタログ用の写真作成を開始できます。
商品によっては製造に数週間の時間を要します。
その時間を有効利用して写真撮影を進めていきましょう。
ブランドロゴやタグをすでに付けてもらったサンプルが準備できれば、
商品写真でも差別化がしやすく、相乗り対策になります。

まとめ

Amazonや中国工場からサンプルを発注することにより、
事前に様々な対策を検討することができる、
ということがお分りいただけたかと思います。

販売者として商品の品質追求をすることはもちろんですが、
その商品を購入者が手に取った時、
どんな感情を抱き、その商品を使ってどんな体験を思い描いているのか
というのも、実際に買ってみて感じることができる重要な要素かと思います。

中国輸入ビジネスをする際には、

  1. Amazonのベンチマークセラー
  2. 複数の中国工場

から実際の商品を取り寄せて、
見たり、触ったり、嗅いだりして商品化できるかどうかを確かめる

せどりビジネス