【SellerSprite(セラースプライト)の使い方④】Chromeの拡張機能を使ってみよう!

こんにちは、SHUNです。

何回かに渡ってセラースプライトについてお伝えしていますが、
今回は一番気軽に使えるChromeの拡張機能についてです。

無料なので機能としては限られていますが、
だからといって使わないにはもったいないくらい充実していますので、
ぜひ拡張機能からスタートして、有料版に移行していくのがオススメです。
(とはいえ、本格的に実践する上で、無料版だけではさすがに物足りません。。)

拡張機能自体は無料ですが、
会員登録が必要ですので、こちらから登録しましょう。
有料版を使ってみたいという方は、クーポン利用もお忘れなく。

SellerSprite(セラースプライト)はこちら30%OFF クーポンコード:VX7563

 

SellerSprite(セラースプライト)の拡張機能ダウンロード

まずはこちらからダウンロードをしましょう。
ダウンロード後は、特に設定などは不要です。

右上にオレンジ色の「S」のマークの拡張機能が追加されていれば完了です。

まれに、その右側のパズルマークの中に隠れていることがあるので、
その場合は、クリックしてピンマークが青くなるようにクリックしてあげましょう。

拡張機能を使ってみよう!

ダウンロードしてしまえば、特に設定することはありませんので、
実際に何ができるのが、早速使ってみましょう。

ライバルセラーの商品ページを開くと、
以下のようにページのどこかに「S」マークが表示されるようになります。

売上詳細

先ほどの「S」マークをクリックすると、下から別の画面が現れます。
この時点でログインしていない場合は、ログイン画面が現れるのでログインをしましょう。

この「売上詳細」のタブでは、
開いている商品のデータ以外にも同じカテゴリの商品が表示されます。
ここで表示されているデータ項目は、

  • ブランド
  • カテゴリ
  • ランキング順位
  • 販売価格
  • 商品レビュー値
  • 商品レビュー数
  • 月間レビュー増加数
  • レビュー率(販売数にたいしての商品レビュー数)
  • 不正レビューレベル
  • 販売数推移
  • 月間販売数
  • 月間販売額
  • 利益率
  • FBA手数料
  • 出品日付
  • 出品セラー数
  • 配送方法

が一括で表示されます。
かなり事細かなデータを表示してくれるのでテンション上がります。
が、特に注意したいのは、ここで表示されている数値は、
AIではじき出した予想数値なので、
特に月間販売数/販売額にかんしては、有料版で在庫追跡することをオススメします。

また特定の商品ではなく、キーワード検索した際にも「S」マークは現れますので、
クリックすると、そのページに表示されている商品のデータが表示されますので、
一番売れている商品を見つけてベンチマークすると良いですね。

一番左の「♡」をクリックしておけば、あとでWeb版で詳細チェックできますし、
緑色の「Alibaba」と「1688」をクリックすれば、
アリババで同じような商品を自動的に検索して、
仕入れ先を検索結果を表示してくれます。
(個人的な感想としては、1688の検索結果の精度は低い気がします。。)

「1688」の右の電卓マークをクリックすると、
利益額や利益率など諸々計算できるようになっています。

さらにさらに、左下の「レビューダウンロード」をクリックすると
商品レビューを約100個一括してダウンロードできます。
すべてではないのでご注意。

キーワード逆引きリサーチ

このタブはその商品がどのようなキーワードで検索され、
アクセスされているかが表示されています。
逆にいえば、同じような商品を売っていて、
これらのキーワードが入っていないとヤバい、ということになります。

時々、「このキーワード必要?笑」みたいなのもあるので、
随時、実際にキーワードをAmazonで検索して、
表示される商品の傾向をチェックしてください。

キーワードマイニング

キーワードマイニングでは、
入力したキーワードや関連するキーワードの月間検索数や
月間販売数などを見ることができます。

月間検索数が多ければ多いほど人気のキーワードなので、
商品タイトルやページ盛り込みましょう。
比例して、広告の入札単価も高くなります。

あなたが既に販売している商品の改善はもちろんですが、
ユーザーが何を求めているのかというのも、
キーワードからリサーチすることができますので、是非活用してください。

左下に「エクスポート」のボタンもあるので、
エクセルシートに一括ダウンロードすることも可能です。

キーワード順位チェッカー

順位チェッカーを使うことによって、
その商品が各キーワードでどのくらいの検索順位を取れているのか、
というのがひと目で分かります。

ライバルセラーと比較して、
流入が見込めるキーワードで上位表示できていなければ、
スポンサープロダクト広告をかけたりなど、適宜対策が必要です。
成約率(コンバージョン率)が良くても、
アクセスを集められなければ意味がありません。。

SellerSprite(セラースプライト)の利用料金

そんなセラースプライトの料金ですが、
プランの種類は、

  • 無料
  • スタンダード
  • アドバンス
  • VIP

の4つあります。
また、月額か年額も選ぶことができます。

無料だと機能制限が多く、正直あまり使う意味がありません。。
私が使ったみて思ったのは、
物販を本格的にやっていくのであればスタンダード会員は、
最低限必要ですし、アドバンス以上はむしろ不要かなと思います。

時間も節約できて、お金では買えない分析もできるので、
ぜひ登録してみてください。

SellerSprite(セラースプライト)はこちら30%OFF クーポンコード:VX7563

30%OFFで使う方法

初めてSellerSpriteに登録する場合は、会員登録をした後に、
各プランの下の「PayPal」もしくはクレジット決済(Stripe)を選びます。

次の画面でクーポンコード「VX7563」を入力してください。
どのプランにも使えますが、スタンダードプランで十分です(笑)

「ツール代もきわどいくらいカツカツ」という方は、
少しずつ自己アフィリやったり不用品を手放したりして、
資金集めをスタートしてください。

頑張れば、1年分くらいのSellerSprite利用料は余裕でサクッと稼げます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、セラースプライトの拡張機能についてお伝えしました。

  • 売上詳細
  • キーワード逆引きリサーチ
  • キーワードマイニング
  • キーワード順位チェッカー

無料ですが、この4つの機能だけでも、
これから販売するための商品リサーチはもちろん、
既存商品の改善にも役立ちますので、ぜひ使ってみてくださいね。

ただ、先ほどもお伝えしましたが、本格的にビジネスとしてやるにあたっては、
無料版だけでは機能的に少し限界を感じますので、
有料版のスゴさも是非体感してみてくださいね。

SellerSprite(セラースプライト)はこちら30%OFF クーポンコード:VX7563