【輸入ビジネスを継続的にやるなら必須】日本輸出入者標準コードの取得について

コンテナが集められた港

こんにちは、一ノ瀬です。

あなたは知っているでしょうか?
この日本輸出入者標準コードというものの存在を。。

販売する商品を輸入するタイミングでフォワーダーさんに、
「標準コードを教えてください」と聞かれることがあります。
ズバリ、これのことなのですが、これがなくても輸入自体はできます。
「じゃぁいらんやん?」と思われるかもしれませんが、
これがあるとないとでは、時間もお金も結構違いが出てきます。

継続的に輸入ビジネスをやる上では、必須項目だと思いますので、
その申請方法とメリットについてお伝えしたいと思います。

日本輸出入者標準コードとは?

一般財団法人日本貿易関係手続簡易化協会のこのページ
概要はほぼ掲載されているのでチェックしてもらいたいのですが、
輸出入業務を行っている個人事業主や法人を特定するために発行されるコードのことです。

この番号があれば、「あぁ、福岡市の〇〇っていう会社の貨物か」
っていうのを通関の担当者にすぐに識別してもらえる、というわけです。

日本輸出入者標準コードを取得するメリットとは?

①輸入実績が蓄積され、貨物検査・書類審査を回避できる

中国輸入を実践する方であれば、
1〜2ヶ月に1回くらいのペースで輸入をするはずなので、
その輸入実績をあなた独自のコードと紐付けされたデータに記録していって、
その履歴が貯まれば溜まるほど、
「あ、この輸入者はこれまでに複数回に渡ってまともに輸入申告してるな」
と思ってもらえるというわけです。

結果として、輸入の際に発生する貨物検査・書類審査を回避できる、
というわけです。
貨物検査はお金に関しては、数万円単位の費用請求が平気でくるので、
このコード取得で6,000円(税抜)がかかっても、
長期的に見るとコスパはかなり良いです。

そして、うしろめたい商品を輸入するわけでもないのに、
検査費用を請求される上に、検査のための時間まで取られます。
正直、私たちからしたら知ったことではないので、
そうなる前に、銀行と同じで信用作りをしておきましょうよ、
という話です。

②関税・消費税のリアルタイム口座振替ができる

これは何かというと、
関税・消費税は商品と代引きで支払ったり、
後で送られてくる請求書で支払う、
というのが通常の流れだと思います。

その際に、代引手数料や立替手数料も請求されるのですが、
このリアルタイム口座振替というものを設定しておけば、
立替が発生しないため、代引手数料も立替手数料も発生しません。

立替手数料はインボイス毎に請求されるので、
重量の関係などからインボイスが分かれていたりすると
その分余計な立替手数料を払わなければいけないのですが、
それを回避できるというのはかなり大きいですよね。
この辺の経費は、利益を一切生まない部分なので、
徹底的に削減していきましょう。

ちなみに、船便でも航空便でもどちらでもリアルタイム口座振替できますが、
複数の工場で製造された商品を、一つのコンテナに混載して輸送する
バイヤーズ・コンソリデーション(海源の快速船便など)の場合、
輸入者毎の申告ではなく物流会社が一括して申告を行っているため、
リアルタイム口座振替は利用できないので、ご注意を。

流れとしては、日本輸出入者標準コードを取得した後に、
それに口座を連携させるというイメージです。

日本輸出入者標準コードの申請方法

正直、申請方法についてはかなり理解しづらい書き方されていますが、
やることはいたってシンプルなので、ちゃちゃっと申請しちゃいましょう。

新規登録は6,000円(税抜)です。
3年毎に更新が必要ですが、毎年1,000円(税抜)くらいで済みます。

日本輸出入者標準コード登録手数料

個人と法人によって、必要な書類が少しだけ異なるので、
その点だけ注意すれば大丈夫です。

日本輸出入者標準コードの登録流れ
 新規登録 変更登録 更新登録
個人事業者  A
住所変更のみの場合 A A
英文の事業者名のみの場合 A
法人  B及びD
所在地変更のみの場合 B又はC B又はC
社名変更がある場合 B及びC ※D B及びC ※D
英文の社名のみの場合 B又はC
非居住者の場合  E ※D E ※D E ※D
A…住民票(又は住民基本台帳)
B…法人の印鑑証明書
C…登記事項証明書 (下記、注4をご覧下さい。)
D…法人番号指定通知書(写)又は国税庁法人番号公表サイト(最新情報ページ(写))
E…税関事務管理人届出書(税関で受理されたもの)※変更登録、更新登録欄の※印は、社名変更により法人番号に変更がある場合を示します。また、非居住者の場合の※印は、法人番号指定通知書が発給されている
場合のみを示します。

一般財団法人 日本貿易関係手続簡易化協会」より(2020年6月現在)

やることとしては、

  1. インターネットから申し込みをする
  2. 必要書類を準備する
  3. 登録手数料を入金する
  4. 必要書類と振込明細を協会にFAXか郵送する
  5. 10日ほどで登録通知書が郵送される

だけです。

これを1回やるだけで、時間も経費も大きく節約できると思ったら、
申請しない理由が見当たらないと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この日本輸出入者標準コードですが、
「とってもとってなくてもどっちでもいいんですよね?」
みたいな捉え方の方が結構いるのですが、
6,000円(税抜)で登録できて、年間1,000円(税抜)で更新できるので、
輸入ビジネスを継続的にやっていくのであれば100%必須と思ってください。

特に在庫切れになりそうな時の1、2日の到着の誤差は
結構大きなズレになってくるので、
そのタイムラグを予め解消できるのは、
かなり効率の良い対策に間違いありません。

まだ取得していない方は、ぜひ申請しておきましょう。

せどりビジネス